マンダム

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
アンサイクロペディア削除.png
ナニモノかがアンサイクロペディアに「マンダム」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨要八百科厨の暗躍により削除されてしまいました

マンダムは、大阪にある髭剃りクリーム・髪染め材の会社、またはその会社の製品のことである。 マンダム.jpg

歴史[編集]

創業は明治時代である。最初は香水輸入販売をしていたようだが、1950年代後半に初めて男性化粧品に参入したらしい。

1970年代前半に経営悪化に陥ったが、映画俳優チャールズ・ブロンソンが主演するCMを流したところ、そのCMが大ヒット。売り上げも急上昇して経営破綻を免れた。

CMについて[編集]

ブロンソンがに乗って登場し、に降りて顔を洗うだけのCMで、セリフ「う~ん、マンダム」のみである。
それにナレーション音楽が入っている。

顔を洗ったブロンソンが「マンダムで髭を剃ったからツルツルだよ~ん」という感じであごを触り「う~ん、マンダム」と言うのである。

※当時のCMはこちら

なぜ大ヒットしたのか[編集]

ブロンソンが出たからなのだろうか?CMを見て「あっ。アメリカの俳優のブロンソンだ」と思った日本人は殆どいなかったのではないだろうか?ブロンソンでなくても馬に乗れる髭親父ならば誰でも良かったのではないだろうか?

音楽が強烈に印象的だったからなのではないだろうか?

小学生の間で流行った悪ふざけ[編集]

友達に「おい。あごに何か付いてるぞ」と言う。

友達が「えっ?」と言って自分の顎を触る。

そこで「う~ん、マンダム」と言う。