スター・ウォーズ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索


Emblem-important.svg この記事には作品の説明のため、物語の核心に触れる内容、いわゆるネタバレが記述されています
それを踏まえた上で細心の注意を払って閲覧してください。免責事項もお読みください。


スター・ウォーズ』 (Star Wars) シリーズは、ジョージ・ルーカスが温めていた構想を元に映画化された、スペースオペラの代表作である。

ストーリー[編集]

遠い昔、遥か彼方の銀河系において、銀河共和国という巨大な共同国家体が存在した。しかし、時が経つにつれ、政治の腐敗が生じ、統治秩序は崩壊、共和国は分裂の危機を迎えた。こうした中、古代より銀河共和国の秩序を陰で支えてきたジェダイと呼ばれる騎士団が、共和国の秩序を回復させるために奮闘する。だが、彼らの前に、数千年も前に滅びたといわれる悪の力を信奉するシスが現れる。彼らの理想はジェダイの排除と、強力な秩序を持った「帝国」という形での銀河の支配。そんな中、ある辺境の惑星で一人の少年がジェダイとして導かれ、銀河共和国・ジェダイ・シスの運命に関わっていく事となる。この少年と後のその子供達、ジェダイとシスの攻防、そして、銀河共和国から銀河帝国へ、そして、帝国の圧制に対する反乱により復活した「新共和国」への変遷を描いた物語である。

シリーズ構成[編集]

(エピソード番号はアラビア数字で記載しています) 本シリーズは、6部構成からなるサーガの形式をとっている。製作順第一作にあたる「エピソード4」が成功した後、9部作として発表されたが、「エピソード6」公開時のジョージ・ルーカスへのインタビュー時に否定され、現在の公式見解では6部作ということになっている。エピソード1以前や7以降、各作品の間を埋める物語はルーカスフィルム公認の数々のスピンオフ作品として小説やコミック、アニメ、ゲーム等で発表されている。しかしルーカス本人はそういった他人が作った「外伝」については全く関心がなく、ほとんどの作品を読んですらいない(スピンオフ作品は多数発表されているが、新三部作が公開される以前に書かれた作品も多くあり、設定などで矛盾している作品もある)。

ただ、エピソード2と3の間に起きたクローン大戦を描いたアニメ作品「スター・ウォーズ クローン大戦」はルーカスの要望によって作られ、同時に本人の公認も受けているので、スピンオフ作品でありながらシリーズを補填する正統の作品であると考えられる。

  1. スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
  2. スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
  3. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
  4. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
  5. スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
  6. スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(*2004年までの旧題:「ジェダイの復讐」)

スターウォーズ7フォースの覚醒

シリーズの歴史[編集]

この後ルーカスは当時のSFX技術が自分の想像する世界を表現できないとして制作を中断。しかし1993年スティーヴン・スピルバーグの映画『ジュラシック・パーク』におけるCGの技術革新を見て、まず、過去三部作をCG技術を用いて化粧直しとシーンの追加を行い、1997年に特別篇として再発表した。その時に培われた技術を応用、発展させて新たにエピソード1・2・3の制作を開始。

将来、全6作の3D版の公開と、新たなテレビシリーズ、アニメシリーズの公開が予定されている。 2015年12月18日、18時30分エピソード7公開予定

特徴[編集]

「スター・ウォーズ」第一作目が制作された'70年代中盤のアメリカ映画は、ベトナム戦争終結等の社会風潮を受け、内省的なアメリカン・ニューシネマが代表であった。そうしたニューシネマの1本である「アメリカン・グラフィティ」で一定の成功をおさめたジョージ・ルーカスは、古き良き時代のアメリカ娯楽映画復権を意図し、古典コミック「フラッシュ・ゴードン」の映画化を企画する。しかし、様々な問題が絡みこの企画の実現が不可能となり、その設定を取り入れて自ら「スター・ウォーズ」の脚本を執筆した。 その流れが結果として、原作を持たないオリジナル企画作品として、「スター・ウォーズ」を画期的なシリーズとした。 それまで普通であった、文芸作品等からの「映画化」という流れを逆転させ、オリジナルである映画から他のメディアへ展開し、商業的に世界的規模で大成功した最初の映画となったのである。

さらに、ルーカスは、配給会社である20世紀FOXとの交渉において、監督としての報酬を抑えるかわりに、作品に関わるすべての権利(商品化権等)を確保。これによって、登場するキャラクター・メカなどの関連グッズを大々的に製造・発売した初めての映画となり、ルーカスに莫大な利益と、映画作家としての自由を与えることとなった。特に新3部作では制作費を自ら出資、製作において絶対的な権限を握った事から「世界で最も贅沢なインディーズ映画」と言われている。これは、メディアミックスによって権利ビジネスが確立した現代では、とうてい実現不可能な出来事であり、ジョージ・ルーカスを「究極の自主映画作家」と見る向きもある。

日本の文化や侍をリスペクトし本シリーズに登場する機械や建物は歴史感および生活感のある「汚れ(ウェザリング)」がほどこされており、黒澤明は「この映画は汚れがいいね」と評価したほどである。このように徹底してリアリティーを追求しており、その手法はCGが多く使われた新三部作でも見ることができる。

本シリーズを語る上で欠かせないのがSFX(特殊効果)である。ルーカスは自分のイメージを映像化するには従来の撮影技術では不足と感じ、自ら新たな特殊撮影専門の会社を設立したが、それこそ後にハリウッドSFXの代名詞的存在となったインダストリアル・ライト&マジック(ILM)である。精密無比なプロップモーション・コントロール・カメラを多用した宇宙船の描写、ストップモーションによるAT-ATの重量感ある動き、特殊メイクによる様々なエイリアン(異星人)の表現など、従来のチープなSF映画の常識を打ち破る斬新な映像は多くの観客を熱狂させた。しかしルーカス自身は決して満足しておらず、旧3部作完結後は映像技術的限界を理由に長い空白が生じた。しかし『ターミネーター2』『ジュラシック・パーク』などの作品で培われたILMのCG技術によりその限界が払拭され、旧3部作特別編におけるトライアルを経て、全編に当たり前のようにCGキャラクターが跋扈する新3部作が製作される事となった。

自分の名前をダース・ヴェイダーに改名したり、車を反乱同盟軍の戦闘機風に改造する[1]等の多くのコアなファンがいる事でも有名である。映画に登場するものの設定が非常に細かい(普通なら兵士A、兵士Bで済まされるキャラにもちゃんと名前と簡単な経歴がある)事もコアなファンが多い一因となっている。映画専門の音楽関係者の「最も良い映画音楽」では1位を、「科学者が見せたいSF映画」でも3位をとった。

製作時、ほとんどの関係者は「変な映画だな」と思ったという。中には「ゴミ映画だ」とぼやいたカメラマンもいたほどだったが、内輪の試写会と同時にその感想は無くなっていった。

最初のスターウォーズ(エピソード4)は、ルーカス自身が最も影響を受けた人物の一人であると語る黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」に、ストーリーの影響を受けていると言われる。ダース・ヴェイダーのデザインには日本の鎧兜とかつてのドイツ軍のフリッツヘルメットを、アミダラ女王の服装や化粧などには日本をはじめ、アジア圏の着物や芸者の風貌も取り入れ、ジェダイ達の服装にも着物の影響が見られる。ルーク・スカイウォーカーが最初に着ていた服装は柔道着に良く似ている等、日本とも関わりの深い映画として有名である。

ただし、日本で昔からよく言われる「ヨーダの語源は日本人の依田さんである」や、「ジェダイの語源がジダイ(時代)やジエイタイ(自衛隊)である」、「エイリアンの話す言葉に日本語が混じっている」などは、根拠の無い噂話に過ぎない。そういった噂話が数多くある事が、公開当時の熱狂ぶりをよく表しているといえよう。

反響[編集]

1977年に公開された初回作『エピソードIV』は、当時1978年公開の映画『未知との遭遇』や、日本で放送されていたTVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』等とともに、世界的なSFブームを巻き起こし、これまでB級映画としてしか認識されていなかったSF作品への評価を完全に変えた。さらに、シリーズ全体で得られた興行収入の記録はいまだ破られていない。又、今日に至るまで多くの映画、SF作品に影響を与え続けており、現在でも機動戦士ガンダムなど本シリーズに登場する宇宙船や武器、さらにセリフを模倣したものが多く見られる。作中で用いた音楽はジョン・ウィリアムズによるもので、これは当時の映画のBGMで廃れつつあった管弦楽の復活にも作用した(ちなみに当初のルーカスの構想では、『2001年宇宙の旅』のように既存のクラシック音楽を用いる事になっていた)。これらの印象的なBGMは今日でも様々なTV番組で流れているのを耳にする。

『エピソードIV』公開当初は、評論家から「スター・ウォーズは子供騙しの映画」と酷評される事が多かったが、近年は「親子の絆を描いた叙事詩」「現代の神話」と高い評価を受けるようになった。又、『エピソードI』『II』公開時ファンや各メディアの反応はあまり良くなかったが、『エピソードIII』が公開されると、逆に『エピソードI』『II』のまとまり具合が評価されるようになり、新三部作全体の評価も見直されてきている。

また『エピソードIV』をはじめとした旧3部作がSFであるかどうかについて、当時の日本のSF関係者の間で大論争があった。とりあえずの結論は出ているが、この結論が普遍的かつ客観的なものかという疑問も未だに提示されている。また。その一方で「様々な要素を取り入れ、固有の世界観を確立するに至ったスター・ウォーズを、狭義の一ジャンルに定義しようとする事自体が間違いであり不遜な振る舞いである」という意見もある。

新三部作の各エピソードで流れるそれぞれのテーマ音楽は新鮮味に溢れているが、その他のBGMに関しては過去の作品で使用された音楽の使いまわしも多く、それに対しての不満も出ている。この傾向は旧三部作にも見られるが(『エピソードV』で使用された「帝国のマーチ」がアレンジされて後の『エピソードVI』でも多用されている、等)、これはリヒャルト・ワーグナーが用いたライトモティーフ(示導動機)という手法を利用している為である。人物や場面毎にテーマが与えられており、その人物が登場するとその動機の音楽が流れるようになっている。2人登場すれば各人の動機が交錯したり、場面によってオーケストレーションを変更したりするなど、音楽にも物語を表現する意味が含まれている。「帝国のマーチ」はダース・ベーダーの動機として扱われており、このテーマが流れる場面はダース・ベーダーが係わっている事を意味している。

他には主なスピンオフ(映画を中心に考えた場合の、その他の物語)として『エピソードII』と『III』の間を描いたカートゥーン ネットワーク共同制作のアニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』がある。独特の画風ではあるが大量の動画枚数による絵の滑らかさとテンポの良いストーリーは一定の評価を受けている。さらにこの続編の製作も決まっていて、3Dアニメとして製作が進んでいる。 また、『エピソードIII』と『IV』の間を描いた1時間×100話の連続ドラマを作る事を公言している。2年ぶりの続報(放映権で予定が延びていた様である)

2006年に北米地域を初めとした世界各地域で旧三部作の映画公開時バージョンのDVD化が決定。日本でも同年9月に特別篇とのカップリングで限定発売された。この限定版では、日本での劇場初公開時の字幕も収録されている。

日本におけるテレビ放映[編集]

本シリーズの日本におけるテレビ初放映作品は、初回作である「エピソードIV:新たなる希望」。1983年10月5日午後8時より日本テレビ系の「水曜ロードショー」(現「金曜ロードショー」)にて日本語吹替版が放送された。

この日の日本テレビは、朝から生番組にC-3POR2-D2を出演させて宣伝したり、夜7時からの1時間枠に「ウルトラ宇宙クイズ・秋のSF大決戦 スターウォーズまで後60分!!全国子供博士大集合」という特別番組を放映した他、映画本編も通常夜9時からの「水曜ロードショー」の放映枠を1時間前倒しし、3時間の特別編成を敷いた。本編が始まる直前にも、日本テレビ局舎内で行われたタモリ研ナオコやC-3PO・R2-D2、愛川欽也による解説、放送開始スイッチを押すまでの劇を数分行った。この時、本編を模した部屋でオーケストラを用いたテーマ演奏が行われた。この数分の劇は、C-3POとR2-D2が日本テレビにやってくる場面から始まり、途中行われていたオーケストラ(SWテーマ)の演奏に浸っていたC-3POがタモリ扮する警備員と揉め事を起こすというストーリーで、このシークエンスの後、スタジオに着いたC-3POが時間が既に8時を過ぎている事に驚いて放送開始スイッチを押すという更なるシークエンスを挟んで、本編に移行する。主な吹替の声優はルーク: 渡辺徹、レイア: 大場久美子、ハン・ソロ: 松崎しげる。本編終了後、タモリと研ナオコに優しく手を振られながら去っていくC-3POとR2-D2の姿が映し出され、本編を模したクレジットが入り、番組は終了する。

二度目のテレビ放映も同じく日本テレビの「金曜ロードショー」枠(水曜から放送曜日移動)で「エピソードIV」。新しい吹替バージョンとして、番組内で水野晴郎にも紹介された。主な声優はルーク: 水島裕、レイア: 島本須美、ハン・ソロ: 村井国夫という、その後のシリーズ作と同じ組合せでなされた。ただし、2005年6月~同年7月に行われた日テレ(NTV)TBSテレ朝(EX)のエピソード3公開を控えた5作品一斉放送では一部の声優が変更された。(ちなみに、リレー形式での放送なので順番も劇場公開順とは異なるものとなった。1(NTV)-4(EX)-2(NTV)-5(EX)-6(TBS)の順) 2015年12月18日のZIP にロボット軍団が登場した。またみやねではヨーダが登場した。 「エピソードIV」公開30周年に当たる2007年には、WOWOWで旧3部作の「特別編」及び新3部作がハイビジョン5.1chで放送されている。

トリビア[編集]

  • 映画では全編にわたって、必ず登場人物の誰かが「嫌な予感がする(原文はI have a bad feeling about this.各作品によって微妙に違う)」と発言する。

関連文献[編集]

  • 武田英明「日本一詳しい『スター・ウォーズ』EPISODE全部/吹替の逆襲」『別冊映画秘宝 吹替洋画劇場』洋泉社、2003年。

関連項目[編集]

世界ほっと。2014年4月5日にダースベイダーがウクライナ選挙出ようとして。参加出来なかった話題が放送された

スター・ウォーズ世界の一覧記事
その他の関連記事

ソウルキャリバー4 ダースベイダーとヨーダがゲスト出演している 歌のベスト店。ダースベイダーと部下が登場したことがある。 2014年1月22日の スッキリでも放送された ビビッド。2015年10月29日にダースベイダーの事件放送された 妖怪ウォッチ。ウサピョンのベイダーはダースベイダーが元ネタ。アニメのネタバレリーナのストーリーでケータが見ようとした映画がスターウォーズのパロディ

外部リンク[編集]

テンプレート:スター・ウォーズ