イヴリー・ギトリス

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

イヴリー・ギトリス(ヘブライ語:עברי גיטליס, ラテン文字転写例:Ivry Gitlis, 1922年8月25日[1] - 2020年12月24日[2])は、イスラエル出身のヴァイオリン奏者。[3][4][5][6][7][8][9]

ロシア系ユダヤ人の両親の下、ハイファでイツハク・メイア・ギトリス(ヘブライ語:יצחק מאיר גיטליס, ラテン文字転写例:Itzhak Meir Gitlis)[10]として生まれる。5歳よりヴァイオリンを始め、ヨーゼフ・シゲティ門下のミラ・ベン=アミにヴァイオリンの指導を受けた。8歳の時に、ブロニスワフ・フーベルマンに面会して演奏を聴かせる機会を得、演奏を聴いたフーベルマンの勧めでフランスに留学することとなった。1933年にパリ音楽院に留学してジュール・ブーシュリのクラスに入ったが、マルセル・シャイエ、ジャック・ティボージョルジェ・エネスクらの薫陶を受けた。1935年にプルミエ・プリを受賞して音楽院を卒業し、ベルギーに滞在していたカール・フレッシュの許で研鑽を続けた。1940年にナチスの侵攻から逃れるためにイギリスに渡り、その時にヘブライ語で「ヘブライ」を意味する「イヴリー」を名乗るようになった。1951年にはアメリカに渡ってテオドール・パシュカスのレッスンを受け、ロン=ティボー国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で5位入賞を果たした。1968年にはザ・ダーティー・マックに参加。1975年にはフランソワ・トリュフォー監督の映画『アデルの恋の物語』に、催眠術師役として出演している[11]。1980年に初来日を果たして以降は、度々来日した。1988年にはユネスコ親善大使に着任[12]

パリにて死去。[13][14]

[編集]

  1. (2020-12-25) 追悼 イヴリー・ギトリス(1922年8月25日 - 2020年12月24日) 2020-12-25 arch. 2021-03-04 2021-03-04
  2. (2020-12-25) 追悼記事 イヴリー・ギトリスとわたし 2020-12-25 arch. 2021-03-04 2021-03-04
  3. AFP (2020-12-24) AFP Israel's violin genius Gitlis dies at 98 France24 arch. 2020-12-24 2020-12-24
  4. (2020-12-26) Violinist Ivry Gitlis (1922-2020) The Strad arch. 2021-03-04 2021-03-04
  5. Buzalka Guillaume (2020-12-24) BuzalkaClément GuillaumeDecalf Ivry Gitlis, la liberté au bout de l’archet Musique France arch. 2020-12-24 2020-12-24
  6. (2020-12-29) The violinist Ivry Gitlis has died Gramophone arch. 2021-03-04 2021-03-04
  7. (Unknown date) Ivry Gitlis Unknown date arch. 2021-03-04 2021-03-04
  8. (2020-12-25) I・ギトリスさん死去 バイオリニスト 大震災後避難所で演奏 東京新聞 arch. 2021-03-04 2021-03-04
  9. (2020-12-25) Ivry Gitlis ist tot Süddeutsche Zeitung arch. 2021-03-04 2021-03-04
  10. קדוש (2020-12-24) קדושרותי נפטר הכנר הבינלאומי עברי גיטליס שראל היום arch. 2021-03-04 2021-03-04
  11. (Unknown date) アデルの恋の物語 Unknown date arch. 2021-03-04 2021-03-04
  12. アーカイブコピー - インターネット・アーカイブ
  13. (2020-12-24) I・ギトリス氏死去 天才バイオリニスト、98歳 AFPBB News arch. 2021-03-04 2021-03-04
  14. (2020-12-24) イブリー・ギトリスさん死去、98歳 イスラエルの世界的バイオリン奏者 時事通信社 arch. 2021-03-04 2021-03-04