陣内智則

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

陣内 智則(じんない とものり、1974年2月22日 - )は、兵庫県加古川市出身のお笑い芸人である。

人物[編集]

  • 高校の同級生・西口圭と一緒にNSC大阪校の11期生として入学。2人で「リミテッド」と称するコンビを結成した。このコンビ名は陣内が「限界」という意味の「リミット (Limit) 」と間違って名付けたものである。「リミテッド (Limited) 」は「制限された」「僅かな」という意味の言葉であるが、本人は指摘されるまでこの勘違いに気付かなかった。「リミテッド」としての初仕事は、その当時WコージーがMBSラジオでやっていた番組の素人参加のコーナーだった。高校生の時にも『ピート・ローズ』というコンビ名で出演し賞金を稼いでいた。
  • NSC卒業後、心斎橋筋2丁目劇場を中心に活動をスタートさせる。しかし当時の「リミテッド」は評判が芳しくなく、「2丁目ブーム」の中「リミテッド」は「2丁目で一番おもんないコンビ」「見ると不幸になる」などと揶揄されていた。結果、結成3年後の1995年9月に解散。相方の西口は芸能界から引退したため、陣内自身はピン芸人への転向を余儀なくされた。
  • 解散のショックからなかなか立ち直れないでいた1997年、先輩芸人や吉本側から「ネタが作れない芸人は出るな」「次のイベントでスベったら芸人を辞めろ」と、最後通告を受ける。プレッシャーからネタ作りもままならなかったが、イベントの直前に偶然乗った電車の車掌のアナウンスが変であったことに思わずツッコミを入れたところ周囲から笑いが起きたことに気づき、「予め用意された音声や映像にツッコミを入れるネタ」の原型となる、新しい手法のネタが閃いた。開演数分前にようやく新ネタが完成し、それを演じたところそのイベントで今までにないぐらい評判が良かったため吉本の陣内に対する評価も一変し、次々と仕事が舞い込むようになる[7]。そしてその数ヵ月後に行われた、1998年第19回 ABCお笑い新人グランプリで優秀新人賞を受賞した。
  • 2006年11月末に初めて藤原紀香との結婚の噂が報道される。その時は本人はまだ結婚するという考えは無かったがメディアに注目されたのを、きっかけにプロポーズ。同年12月10日に神戸市中央区の生田神社で結納を交わし、2007年2月17日に同神社で結婚式が行われた。結婚式には、同期のケンドーコバヤシ・たむらけんじや『なるトモ!』で共演するなるみ、海原やすよ・ともこ、「シャンプーハット」小出水らが出席した。この結婚式の模様は、同日の16:20 - 16:55に読売テレビが放送(他には熊本県民テレビ (KKT) がネット)し、関西で18.2%という高視聴率を挙げた。交際をするにあたり、『なるトモ!』に出演している芸能リポーター・駒井千佳子に相談していた。
  • 2009年3月20日、離婚届を提出し、同年3月23日に正式に受理される離婚の報道に関して、藤原紀香に暴力をふるっていたという話が週刊誌から出ているが、記者会見では「自身の浮気が原因」とされている。[1] [2]

2016年8月にアメリカでライブした

テレビ[編集]

  • 昼何。(2015年10月2日から。金曜日。隔週レギュラー。日本テレビ。)
  • 買い物。(2015年10月6日。テレビ東京。)
  • 水曜のダウンタウン。(2015年10月28日。MBS )
  • シュウイチ。(2015年11月22日。日本テレビ。)
  • スッキリ。(2015年11月26日。2016年2月24日。日本テレビ。)
  • テレビタックル。(2015年12月27日。テレビ朝日。)
  • お笑い。(2015年12月28日。フジテレビ。)
  • ガキ使い。(日本テレビ。)2015年12月29日に再放送放送された
  • 99アンサー。(2016年1月19日。日本テレビ。)ヤフー乗っていた

ワラこら。(2016年1月20日。日本テレビ。)

  • スカッと。(2016年1月25日。2月29日。フジテレビ。)
  • 赤マント。(2016年1月26日。日本テレビ。)

ダウンタウン。(2016年2月25日。読売テレビ。)笑瓶と違いヤフー乗らなかった アメトーク。(2016年2月25日。テレビ朝日。) 目覚まし(2016年2月29日。フジテレビ。) のど自慢。(2016年3月9日。日本テレビ。) クイズボンバー。(2016年3月26日。TBS. ) 対決嵐。(2016年5月26日。フジテレビ。) もしつあ。キャラパレード。(2016年7月16日。フジテレビ。) たけし。(2016年7月31日。テレビ朝日。)