若王子信行

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

若王子信行(わかおうじのぶゆき、1933年8月10日-1989年2月9日)は、三井物産マニラ支店の元支店長。


日比谷高校東大を経て、三井物産入社。三井物産マニラ支店長当時、フィリピンゲリラ新人民軍に拉致・誘拐される(三井物産マニラ支店長誘拐事件)。その間、右手中指(結局は若王子本人のものではなかった)が脅迫材料として送付されるなどし、当時の日本では報道を通じたセンセーショナルな話題となる。その後釈放されたが、その時の心労や無理がたたったのかのちすぐに逝去した。


経歴[編集]

関連項目[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は若王子信行にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。