美樹さやか

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
(声:喜多村英梨)「あたしって、ほんとバカ(てへっ☆)」

~ 魔法少女 について、美樹 さやか 兵庫県宝塚市出身。まどかの同級生かつ親友で、活発で明るい女の子。 宝塚歌劇団に憧れ、そして惚れた男の子の怪我を治すために一肌脱いで契約した宝塚系魔法少女。武器は刀だが、使い慣れてないため少し危なっかしい。 ソウルジェムを投げ捨てちゃうちょっぴりドジなまどかを守るため敵に立ち向かう、優しくて勇気がある第二の主人公。 腋役ながら制作者にとても愛されており、物語の中盤ではキュゥべえの指導のもとに彼女の成長がクロースアップされる。 超回復の固有能力と、キュゥべえとの厳しいトレーニングで身につけた痛覚遮断を組み合わせた独自の戦闘スタイルを編み出し、魔力を大幅に消費するリスクと引き換えの果敢なバトルで多くの視聴者を魅了した。 さらに、失恋をバネにがむしゃらな魔女狩りに励み、多くの戦闘経験を積んだ事で魔法少女として次の段階に進化を遂げ、キュゥべえにそのことを祝福された。要するに「少女から女へと成長した」のである。 なお、最終回のエピローグから恋愛対象をぴーへ移行疑惑が湧き上がっているが、その辺の真相は禁則事項です。 声優陣の受けが非常に良く、また監督からももっと出番を増やすよう脚本に要請したなど、ファンだけでなくスタッフ内部の受けが非常に良いキャラだった。 その為、悲劇のヒロインとして放送後の人気が高いことからグッズ展開は他の魔法少女に比べて非常に力が入っており、Tシャツやフィギュアなどの定番アイテムは無論、じゃがいもや寿司などの食品、さらにはトイレットペーパーなどの日用品など、その種類は極めて多岐に渡った。製造数もかなり多めにとってあるため、常に潤沢な在庫が確保されている。 製作陣から一番嫌われているキャラである