福田孝行

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ウィキペディア無し small.png
ナニモノかがウィキペディアに「福田孝行」の項目を執筆しましたが、極悪管理者の暗躍により白紙保護されてしまいました
Bouncywikilogo small.gif
ウィキペディアにも、この項目「光市母子殺害事件」が執筆されています。ぜひこちらも読んでみてください。

福田 孝行(ふくだ たかゆき、1981年3月15日 - )は、光市母子殺害事件を起こした、基地外レイプ殺人鬼である。聖光高等学校卒業。現在の氏名は、大月 孝行(おおつき たかゆき)。

容貌[編集]

  • 容貌は画像で知る事が出来る。

言動[編集]

  • ある日犬がかわいい犬と出会ってやっちゃったこれって罪でしょうか???
  • 被害者さんでしょ、ありゃぁ調子づいとると思いますわぁ。
  • 無期懲役なら7年後にこっそり出て来れる。
  • ドラえもんが何とかしてくれると思った
  • ちょうちょ結びをしてあげた。
  • 警察と検察の捏造。
  • 抱きついたら首が締まった。
  • 来世でAさんと夫婦になる。
  • 死体に精子を注入すれば生き返る。
  • AさんとBちゃんは、Cさんが死刑推進運動をしてるのを見て、あの世で怒っている。
  • ぼくをナメないでいただきたい。

獄中書簡[編集]

 『誰が許し、誰が私を裁くのか・・・。そんな人物はこの世にはいないのだ。神に成り代わりし、法廷の守護者達・・・裁判官、サツ、弁護士、検事達・・・。私を裁ける物は、この世にはおらず・・・。二人は帰ってこないのだから・・・。法廷に出てきてほしいものだ・・・何が神だろう・・・サタン!ミカエル!ベリアル!ガブリエル!ただの馬鹿の集まりよ!』

『選ばれし人間は人類のため社会道徳を踏み外し、悪さをする権利がある』
ドストエフスキー『罪と罰』からの引用

『勝ったと言うべきか負けたと言うべきか?何か心に残るこのモヤ付き・・・。イヤね、つい相手のことを考えてしまってね・・・昔から傷をつけては逃げ勝っている・・・。まあ兎に角だ。二週間後に検事のほうが控訴しなければ終わるよ。長かったな・・・友と別れ、また出会い、またわかれ・・・(中略)心はブルー、外見はハッピー、しかも今はロン毛もハゲチャビン!マジよ!』
(死刑判決を免れ無期懲役判決が下ったとき)

『ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?知ってます。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。・・・でも記事にして、ちーとでも、気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし』
(本村氏に対して)

『知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』

『オイラは、一人の弁ちゃんで、最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。そして、勝って修行、出て頭を下げる。そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ』

『犬がある日かわいい犬と出合った。・・・そのまま「やっちゃった」、・・・これは罪でしょうか』

『五年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』

(面会に来た友人に対して、カミュの『異邦人』の主人公・ムルソーの事を)<BR> 『もろ俺ジャン!』とうれしげに語った。
(註:カミュの小説「異邦人」の主人公・ムルソーは殺人犯ですが、殺人の動機について尋問され、「太陽がまぶしかったからです」と不思議な答えをします。小説の中で死刑になります)

弁護士一覧[編集]

外部リンク[編集]

  • 山口屍姦 クソガキどもを糾弾するホームページ