王家のハプログループ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
編集合戦に注意
編集合戦注意報
このページ「王家のハプログループ」は、しばしばユーザー間での編集合戦が絶えません。

大規模な書き換えは一度このページの議論ページ(ノートページ)または、該当者間で話し合いをしてください。

話し合いを始める場合は、こちらの「意見募集」のテンプレートの貼り付けもお忘れなく。

また、その他の編集も慎重に行ってください。尚、編集合戦が発生した場合は、管理者に保護依頼及びテンプレート:保護依頼の貼り付けをお願いします。

王家のハプログループ(英:haplogroup of a royal family)とは、世界各国の王家のY染色体ハプログループを記した一覧である。詳細なSNP(一塩基多型)に関しては研究途中の段階であるケースもあるが、現在、解明されている世界の王家[1]に関するY染色体の分岐系統をなんとなく適当に記す。

アジア[編集]

日本[編集]

  • 出雲王朝(Okuninushi dynasty) C2c1a(C-Z1300) [2]
  • 諏訪神党(Takeminakata party) C2c1a(C-Z1300) [3][4]
  • 物部王権(Nigihayahi dynasty) D1b1d1(D-CTS1897)[5][6][7] 古代大和王権
  • 皇室(Imperial House of Japan/Tenno) D1b1a2(D-IMS-JST022457)[8][9]
  • 源氏 D1b1a2b1a1(D-Z1504, CTS8093)[10] 八幡太郎義家の子孫
  • 北条氏 D1b1a2b1a1(D-Z1504, CTS8093) 桓武平氏―北条氏
  • 足利氏 D1b1a2b1a1(D-Z1504, CTS8093)[11] 八幡太郎義家―足利氏
  • 織田信長 ? 桓武平氏―平清盛の子孫を称したが、実際には忌部氏の末裔といわれる
  • 明智光秀 D1b1a2b1a1(D-Z1504, CTS8093) 源氏―土岐氏―明智氏
  • 豊臣秀吉(太閤) C1a1(C-M8) [12]
  • 徳川氏 D1b1a2b1a1(D-Z1504, CTS8093)(八幡太郎源義家―新田義重(新田氏)―世良田氏―得川氏―松平氏―徳川氏)
  • 安倍晋三 D1b1a2b1a1(D-Z1504, CTS8093) 桓武平氏―平知忠―安倍知任―長門安倍氏―椋木氏―長門安倍氏

蝦夷[編集]

  • コロボックル王統(Korpokkur dynasty) ?
  • アイヌ支配者層 ?
  • 鬼菱 ?(シャクシャインと覇を争ったアイヌの酋長。松前藩の仲介で一時和睦するが、シャクシャイン側の奇襲にあって討死した)
  • シャクシャイン ?(東蝦夷シブチャリ(静内)のアイヌの酋長)
  • カンナリ家 ? (幌別アイヌの巨酋・カンナリキ[13]に始まる系統。子孫は金成・神成姓を称す。カンナリキの遠祖は源義経の従者とされる)
  • チリ家 ?(登別アイヌの酋長・チリパ・ハエプトに始まる系統。子孫は知里姓を称す[14]

琉球[編集]

  • 舜天王統 D1b(D-M64.1) [15]
  • 英祖王統 ?
  • 察度王統(中山王) ?
  • 羽地王統(北山王) ?
  • 大里王統(南山王) ?
  • 第一尚氏王統 ?
  • 第二尚氏王統 D1b(D-M64.1) [16]

台湾(総統)[編集]

  • 第一代 蒋介石 O1a1a1a1(O-F78)[17]
  • 第十二代、第十三代 馬英九 O2a1c(O-IMS-JST002611)[18]

フィリピン[編集]

  • ラプ=ラプ D2(D-L1366)[19](マクタン島の部族長で、東南アジア人として初めて白人のアジア侵略に抵抗し、マゼランを討ち取った英雄)要再調査。

フィリピン(大統領)[編集]

  • 第十五代 ベニグノ・シメオン・コファンコ・アキノ3世 O2a2b1a1(O-Page23)[20]

ベトナム[編集]

  • 阮 O1b1a1a(O-M95)[21]

中国[編集]

  • 黄帝 ?
  • 堯 ?
  • 舜 O1b1a1a1b(O-F789/M1283, subclade-F1982)
  • 夏 ?
  • 殷 Q1a2(Q-M346)[22](殷の王族は十支族いた。最後の紂王のY染色体ハプロ)
  • 周 Q1a1a1(Q-M120)[23]
  • 秦 O2a2b1a1a(O-M133)[24]
  • 項羽 O2a2a1a2(O-M7)
  • 漢 O2a1c(O-IMS-JST002611)[25]
  • 曹魏 O1b1a2a(O-F993)[26]
  • 孫呉 ? (要再調査)
  • 晋 C2c1a2(C-F3880)
  • 北魏 O2a2b1a2(O-F444)[27](どうやら北魏の鮮卑の拓跋氏の子孫はO2のハプロのようだ)
  • 隋 ? (要再調査)
  • 唐 N(N-M231) ついに確定。
  • 後唐 Q(Q-M242)[28](唐の後継者として李姓を賜った突厥沙陀族出身の李克用の子が建てた王朝)
  • 宋 O1a1a1a1a1a(O-F492)
  • 元(モンゴル帝国) C2c1a1a1(C-M407)[29](有名なチンギス・ハンのハプロ)
  • 清 C2b1a3a*(C-M401*)[32](ヌルハチのハプロ)
  • 毛沢東 O1a1a(O-M307.1/P203.1)[33]

朝鮮[編集]

  • 箕子朝鮮 O2a2b1a2(O-F444)(北魏と同祖、殷王室に連なる朝鮮の始祖王朝)
  • 衛氏朝鮮 ?
  • 馬韓(百済) ?
  • 辰韓(新羅) ?
  • 弁韓(任那) ?
  • 高句麗 O2a2(O-IMS-JST021354/P201)
  • 百済 C2c1a(C-Z1300)
  • 新羅 朴氏王統:O1b2a1a(O-F1204)
  • 新羅 昔氏王統:倭人王朝。要再調査。
  • 新羅 金氏王統:C2c1b(C-F845, CTS10923)[34]
  • 任那 倭人王朝。要再調査。
  • 高麗 O2a2a(O-M188)
  • 李氏朝鮮 O2a2b1a2b(O-F743)
  • 北朝鮮 C2c1b(C-F845, CTS10923)(公式には「全州金氏」の出身と言われるが、系譜に出てくる祖名を比較した結果、実際には「善山金氏[35]」の出身であろうと言われている)

インド[編集]

  • バラモン R1aが最も多く30%くらいである。Hのドラヴィタ系は20%バラモンにいる。
  • シャーキャ族の王家 R1a1a1b1a2(R-Z280)

中東[編集]

  • キュロス大王 R1a1a
  • モーセ J1a1b1b1a2a1a1a4b1a(J-L147.1*, subclade-Z18271)
  • ムハンマド J1a1b1b1a2a1a1a4a1a1b2(J-L147.1*, subclade-L859)(子孫とされるヨルダン王家のハプロ)
  • ティムール朝 アミール・ティムール J2(J-M172)一代でモンゴル帝国を事実上壊滅させた名将。ムガル帝国初代皇帝。
  • オスマン帝国スルタン家 R1a1a1b2(R-Z93)[36](オスマン帝国は印欧民族だったのか! 要再調査)
  • ペルシャ・ガシャール朝 J1(J-L255)

イスラエル(首相)[編集]

  • ベンヤミン・ネタニヤフ R1a1a1b2*(R-F992/S202/Z93, subclade-Y2630)[37]

アフリカ[編集]

エジプト[編集]

  • ラムセス3世 E1b1a(E-V38) 古代エジプト第20王朝のファラオ

ヌミディア[編集]

  • 北アフリカの紀元前三世紀のヌミディアの王マシニッサ E1b1b1b1a(E-M81)

南アフリカ(大統領)[編集]

  • ネルソン・マンデラ E1b1a(E-V38)[38]

ヨーロッパ[編集]

北欧[編集]

デンマーク[編集]

  • オーロフ二世 I1(I-M253)
  • オルデンブルク家 R1b1a1a2(R-M269)
  • グリュックスブルク家 R1b1a1a2(R-M269)(オルデンブルク家の分家[39]

スウェーデン[編集]

  • フォルクング家 I1(I-M253)(ヨーロッパ先住民)
  • ベルナドット家 ?

ノルウェイ[編集]

  • ホーコン六世 I1(I-M253)(西暦1340-1380)
  • グリュックスブルク家 R1b1a1a2(R-M269)[40]

南欧[編集]

スペイン[編集]

  • ブルボン家 R1b1a1a2a1a1c(R-Z381)[41]

ポルトガル[編集]

  • ブラガンサ家 R1b1a1a2a1a1c(R-Z381)(フランス王家カペー家の分家)
  • ザクセン・コーブルク・ゴータ家 R1b1a1a2a1a1c1a(R-U106, subclade-Z305)[42]

イタリア[編集]

  • サヴォイ家 ?

モナコ公国[編集]

  • グリマルディ家 I1a1b1*(I-P109, subclade-S14887)[43]

西欧[編集]

イギリス[編集]

  • ウェセックス家 ?(イングランドを征服したアングロサクソン人)
  • デーン家 ?(デンマーク王家であるが現在のデンマーク王家とは無関係)
  • ノルマンディー伯爵家 I(I-M170)(ヨーロッパ先住民族。フランスの伯爵)
  • プランタジネット家 ?(フランスに敗戦してマグナカルタを結んだジョン王の家)
  • アンジュー朝 ?
  • ランカスター家 ?(エドワード皇太子が初めて大陸と同様に最高爵位として公爵DUKEの称号を使う)
  • ヨーク家 ?
  • チューダー家 R1b(R-M343)(ウェールズ系)

 リチャード三世 G 父系の血を引いていなかった。

  • スチュアート家 R1b1a1a2a1a2c1i1a(R-L21, subclade-L745)(スコットランド系)
  • ハノーヴァー朝 ?(ヴェルフ家)
  • ウィンザー朝 R1b1a1a2a1a1c1a(R-U106, subclade-Z305)(ヴィクトリア女王の夫アルバート公の子孫。ザクセン・コーブルク・ゴータ家)
  • マウントバッテン家 R1b1a1a2(R-M269)(エリザベス二世の夫フィリップ王配。ギリシャ王家のグリュックスブルク家出身)
  • アラン・エヴァンス1世 ?(ウェールズ王家の継承者で、グウィネズ王国の始祖であるクネダ・ベルディグ王の直系の子孫)

アイルランド[編集]

  • ニール上王 R1b1a1a2a1a2c1a1a1a1(R-M222) 至高王(ハイキング)。キングオブキングス。
  • コラ・ウォレス R1b(R-M343)(ケルト系)

フランス[編集]

  • カペー家 R1b1a1a2a1a1c(R-Z381)(ヴァロア家、ブルボン家は分家)
  • ナポレオン家 E1b1b1b2a1(E-M34)

ベルギー[編集]

  • ザクセン・コーブルク・ゴータ家 R1b1a1a2a1a1c1a(R-U106, subclade-Z305)[44]

オランダ[編集]

  • オラニエ=ナッサウ家 R1a1a1b1a2(R-S466/Z280 subclade-S18681)[45]ドイツ貴族・アムスベルク家の出身。

ルクセンブルク[編集]

  • ナッサウ・ヴァイルブルク家 ?
  • ブルボン・パルマ家 R1b1a1a2a1a1c(R-Z381)(スペイン・ブルボン家の分家[46]

ドイツ[編集]

  • ホーエンツォレルン家 ?(ブランデンブルク選帝侯、プロイセン王、ドイツ皇帝)
  • ヴィッテルスバッハ家 ?(プファルツ選帝侯、バイエルン公(のちに王))
  • ヴェッティン家 R1b1a1a2a1a1c1a(R-U106, subclade-Z305)(ザクセン選帝侯(のちに王)。ザクセン・コーブルク・ゴータ家[47]は分家)
  • ヴェルフ家 ?(ハノーヴァー選帝侯、イギリス国王(ハノーヴァー朝))
  • オルデンブルク家 R1b1a1a2(R-M269)(オルデンブルク伯(のちに大公)、グリュックスブルク家[48]、ホルシュタイン・ゴットルプ家[49]は分家)

東欧[編集]

オーストリア[編集]

  • 神聖ローマ皇帝ハプスブルク家 R1b1a1a2a1a(R-L151)(善良な中級貴族ルドルフ一世の子孫)
  • ハプスブルク=ロートリンゲン家 R1b1a1a2a1a2b1(R-L2)[50]
  • アドルフ・ヒトラー E1b1b(E-M215)(1889-1945、ナチス・ドイツ総統。ステファン・ヒュードラー(1672-  )の五世孫)

ハンガリー[編集]

  • ハンガリー王国執政(事実上の国王)ミクローシュ・ホルティ・ド・ナジバーニャ I2a1b2a1(I-L147.2)

セルビア[編集]

  • オブレノヴィチ家 ?(セルビア系)
  • カラジョルジェヴィチ家 ?(セルビア系)

モンテネグロ[編集]

  • ペトロヴィチ・ニェゴシュ家 ?(セルビア系)

ルーマニア[編集]

  • ホーエンツォレルン・ジグマリンゲン家 ?[51]

ブルガリア[編集]

  • ザクセン・コーブルク・ゴータ家 R1b1a1a2a1a1c1a(R-U106, subclade-Z305)[52]

ギリシャ[編集]

  • グリュックスブルク家 R1b1a1a2(R-M269)[53]

ロシア[編集]

  • リューリク N1c1a(N-P298)(ロシアの語源となったルーシであるキエフ公国の初代王)
  • リトアニア大公国 N1c1a(N-P298)
  • ロマノフ家 ?
  • ホルシュタイン・ゴットルプ・ロマノフ家 R1b1a1a2(R-M269)[54]

北アメリカ[編集]

アメリカ[編集]

  • ネドニ・アパッチ族のベドンコヘ・バンド酋長 Q1a2a1a1(Q-M3)(孫がミンブレス・アパッチ族の戦士ゴヤスレイ・ジェロニモ)

アメリカ合衆国(大統領)[編集]

 科学的根拠に欠ける。R1bが多すぎるのは白人至上主義者による捏造の疑いがある。

  • 第一代 ジョージ・ワシントン R1b1a1a2a1a2b1(R-L2)
  • 第二代 ジョン・アダムズ R1b(R-M343)
  • 第三代 トーマス・ジェファーソン T(T-M184)
  • 第四代 マディソン ?
  • 第五代 モンロー ?
  • 第六代 クインシー・アダムス R1b(R-M343)
  • 第七代 ジャクソン I1(I-M253)
  • 第八代 ビューレーン ?
  • 第九代 ハリソン ?
  • 第十代 タイラー ?
  • 第十一代 ポーク R1b1a1a2a1a1c2b(R-L48/S162)
  • 第十二代 ザカリー・テイラー R1b1a1a2(R-M269)[55]
  • 第十三代 フィルモア ?
  • 第十四代 フランクリン・ピアース R1b1(R-L278)
  • 第十五代 ブキャナンJr. R1b1(R-L278)
  • 第十六代 リンカーン R1b1a1a2a1a2b1(R-L2)
  • 第十七代 アンドリュー・ジョンソン I2a2a(I-M223)
  • 第十八代 グラント R1b1a1a2a1a1c2b1b(R-Z159)
  • 第十九代 ヘイズ ?
  • 第二十代 ガーフィールド ?
  • 第二十一代 アーサー ?
  • 第二十二代・二十四代 クリーブランド R1b1a1a2a1a2b1a1(R-L2, subclade-L20/S144)
  • 第二十三代 ベンジャミン・ハリソン ?
  • 第二十五代 マッキンリー R1b1a1a2(R-M269)
  • 第二十六代 セオドア・ルーズベルト ?
  • 第二十七代 タフト ?
  • 第二十八代 ウィルソン R1b1a1a2(R-M269)
  • 第二十九代 ハーディング ?
  • 第三十代 クーリッジ I1(I-M253)
  • 第三十一代 フーヴァー ?
  • 第三十二代 フランクリン・ルーズベルト ?
  • 第三十三代 トルーマン ?
  • 第三十四代 アイゼンハワー ?
  • 第三十五代 ケネディ R1b
  • 第三十六代 リンドン・ジョンソン E1b1b1(E-M35.1)[56]
  • 第三十七代 ニクソン ?
  • 第三十八代 フォード ?
  • 第三十九代 カーター ?
  • 第四十代 レーガン ?
  • 第四十一代 ジョージ・ブッシュ(パパ) ?
  • 第四十二代 ビル・クリントン I1(I-M253)[57]
  • 第四十三代 ジョージ・ブッシュ(息子) ?
  • 第四十四代 バラク・オバマ E1b1a(E-V38)
  • 第四十五代 ドナルド・トランプ R1b1a1a2(R-M269)

カナダ首相[編集]

  • 初代・第3代 ジョン・マクドナルド R1a1a(R-M17)[58]
  • 第8代 サー・ウィルフリッド・ローリエ R1b1a1a2(R-M269)
  • 第20代・22代 ピエール・エリオット・トルドー I1
  • 第21代 チャールズ・ジョセフ・クラーク L1b(L-FGC36877/M317)
  • 第26代 ジャン・クレティエン R1b1a1a2a1a(R-L151)[59]
  • 第27代 ポール・エドガー・フィリップ・マーティン C2b1a1a(C-P39)
  • 第28代 スティーヴン・ジョセフ・ハーパー C2b1a3(C-M504)
  • 第29代 ジャスティン・ピエール・ジェームス・トルドー I1

オセアニア[編集]

ニュージーランド[編集]

  • ンガイ・タマヌヒリの酋長 R1b(R-M343)

脚注[編集]

  1. 王家に準ずる国家権力者を含む。例えば、アメリカ合衆国は建国以来、王政を敷いたことがないが世界のGDPの六分の一を占める大国であるため国家元首である大統領のハプログループを挙げる。
  2. 諏訪氏子孫と出雲地方のC2サンプルの比較から予想される
  3. Y-STR分析の結果出雲と諏訪の関連性が見つかる
  4. 記旧によれば、権力闘争に破れて出雲から信濃へ移住した、建御名方神の直系子孫による勢力。
  5. Y染色体D1系統
  6. Y-DNA D Haplogroup Project
  7. 記紀によれば、大和朝廷成立以前に奈良にあった饒速日命の直系子孫による王権。
  8. Y-dna of Emperor Higashiyama
  9. Famous peoples Y DNA and mt DNA haplotypes
  10. Y-dna of Minamoto no Yoritomo
  11. Shogun Y-STR modal
  12. Y-dna of Toyotomi no Hideyoshi
  13. アイヌ語で「神の再来」を意味する。
  14. チリパ・ハエプトの長男・知里高吉(1884-   )は日露戦争の旅順攻囲戦において忠勇無比の活躍があり、金鵄勲章を賜った。
  15. Y染色体D1系統
  16. Y染色体D1系統
  17. 蘇州・寧波蒋氏 O1a1a (O-P203.1)
  18. 東亞名人DNA彙總
  19. ラプ=ラプ王
  20. Y染色体O2系統
  21. DNA of Nguyen-Phuoc
  22. 推測殷商王族Y-DNA爲Q1a3-M346的依据之一
  23. 匈奴、孔子、曹操的基因 Genes of Hunnu, Confucius & Emperor Cao
  24. 探析中華民族的源流
  25. 劉邦 O2a1c (O-002611)
  26. Y-chromosome of Emperor Cao Cao: O2
  27. 歴史新解:鮮卑族的崛起與O3-F444的擴散
  28. Identification of kinship and occupant status in Mongolian noble burials of the Yuan Dynasty through a multidisciplinary approach
  29. Genghis Khan Y-Haplogroup C-M407
  30. O1+O2 Y-DNA haplogroup - Y-DNA Classic Chart
  31. Y-DNA haplogroup of Zhu Xi
  32. 愛新覺羅皇族的Y染色體体:C3b-F1396
  33. 毛澤東的Y染色體体:O1a1a(O-M307.1/P203.1)
  34. 朴氏、昔氏、金氏が交替で王位についた。
  35. 大韓民国慶尚北道亀尾市善山邑を本貫とする氏族。
  36. The Ottoman dynasty belonged to haplogroup R1a-Z93
  37. Benjamin Netanyahu
  38. Nelson Mandela, former President of South Africa, belonged to Haplogroup E1b1a (Y-DNA) typical of Bantu peoples.
  39. クリスチャン九世及びその子孫
  40. 初代国王ホーコン七世はデンマーク王クリスチャン十世の弟
  41. スペイン・ブルボン朝初代国王フェリペ五世はフランス国王ルイ十四世の孫
  42. フェルナンド二世は女王マリア二世の夫で、イギリス女王ヴィクトリアの夫アルバート公の従兄弟
  43. グリマルディ家の大公のうち、ジャック1世からルイ2世までがこの系統。
  44. 初代ベルギー国王レオポルト一世はイギリス女王ヴィクトリアの夫アルバート公の叔父
  45. Willem-Alexander
  46. シャルロット女公の夫フェリクスがパルマ公家の出身
  47. イギリス・ベルギー・ポルトガル・ブルガリア国王を輩出
  48. デンマーク・ノルウェー・ギリシャ国王を輩出
  49. ロシア皇帝を輩出
  50. 皇帝カール六世の娘マリア・テレジアの夫フランツがロレーヌ(ロートリンゲン)公家出身
  51. 初代国王カロル一世及びその甥フェルディナンド一世はドイツのホーエンツォレルン・ジグマリンゲン公家の出身で、ドイツ皇帝家の親戚
  52. 初代国王フェルディナンド一世はポルトガル王フェルナンド二世の甥
  53. ゲオルギオス一世はデンマーク王フレゼリク八世の弟
  54. ロシア皇帝ピョートル三世は母親がピョートル一世の娘。父親がホルシュタイン・ゴットルプ公
  55. A List of Famous People and Their Y-DNA Haplogroup
  56. Haplogroup E1b1b (Y-DNA)
  57. Bill Clinton's Y-DNA
  58. カナダ首相のY染色体
  59. カナダ首相のY染色体


出典[編集]