桜田淳子

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

桜田淳子(さくらだじゅんこ)は日本の元アイドル歌手。

秋田県出身。

日本テレビ『スター誕生』のオーデションに合格し、芸能界デビューした。

森昌子、山口百恵とともに“花の中三トリオ”を結成。この中三トリオの中心メンバーだったのが、桜田淳子である(もともと山口百恵は淳子より格下であった)。以後、高一トリオ、高二トリオ、高三トリオと、淳子はトリオの中心メンバーであり続ける。

シングル「私の青い鳥」でレコード大賞・最優秀新人賞を受賞。今日、この歌が淳子の代表曲のようにテレビで放送されているが、「私の青い鳥」は淳子の数あるヒット曲の中の一曲でしかない。淳子のヒット曲は「私の青い鳥」の他にもたくさんあるのである。

花の中三トリオから花の高三トリオまでの4年間、“芸能界の中心人物”として一世を風靡した。

19才の頃、それまでの「明朗快活な少女」のイメージを捨て、「大人の女」へのイメージチェンジをはかった。これは淳子の所属事務所であるサンミュージックの意向によるものであった。ところが、このイメージチェンジが見事に失敗。以後、桜田淳子は、低迷期に入る。

30代で処女のまま統一教会の男性信者と結婚。これを機に、芸能界から引退した。

2013年7月、桜田淳子の育ての親であるサンミュージックの相沢元会長が死去した。桜田淳子は会沢元会長の葬儀に参列し、久しぶりに世間にその姿を見せた。淳子はメガネをかけ、“激太り”していた。 12月にライブしたが マスコミ非公開だった 写真が公開されただけだった ヴランチとPON以外 の各ワイドショーで 放送された