東洋ボール殺人事件

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索

東洋ボール殺人事件は、暴走族関東連合と敵対組織の抗争中、 無関係の少年が殺害された事件。


[編集] 事件の概要

2000年5月13日、午前1時ごろ、 都内の大田区池上のボウリング場「トーヨーボール」の駐車場において被害者少年は暴行され、車で連れ去られ拉致された。数時間後、少年は病院の前に置き去られたが、間もなく死亡した。

[編集] 事件の背景

道路交通法の改正に伴い、暴走族にとって以前のような大規模な集団暴走行為は難しい状況となった。 一方でこういった状況は暴走族の抗争の形態を一変させた。 すなわち集団暴走中にぶつかり合うというものから、敵が少人数又は一人でいるところに奇襲をかけたり拉致するといった、ゲリラ戦の様相を呈するものへと変化してきたということである。 本事件も、こういった変化の一端を示唆するものと見ることも可能である。

[編集] 関連項目

TOP-Jの副代表を務めた人物が、雑誌メンズエッグ大洋図書)のインタビューにて、東洋ボール殺人事件について言及している。

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事、画像は東洋ボール殺人事件にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。Yourpediaと同じくWikipediaGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス