姉歯秀次

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

姉歯秀次(あねは ひでつぐ、1957年6月10日 - )は、元一級建築士宮城県大郷町出身。

経歴[編集]

  • 1980年 宮城県立古川工業高校卒、大阪に本社を置く中堅ゼネコンに入社。東京支社の施工部門に配属され、主に建設現場の管理を担当。
  • 1984年 「設計の仕事がしたい」との理由で退社。建築事務所などに勤務。
  • 1988年 千葉県市川市に事務所を開設。
  • 1990年 四度目の挑戦にして、一級建築士試験に合格。1級建築士登録。
  • 2005年 耐震強度偽装のため一級建築士免許取消。
  • 2006年 妻が自殺(愛人が発覚したのも原因とされる)。
  • 2006年 建築士法違反ほう助容疑で逮捕。現在服役中。

エピソード[編集]

耐震強度のみならず、毛髪も偽装していた。耐震強度偽装問題当初より、毛髪の偽装を指摘されていた(証人喚問の途中でかつらがズレている様子がはっきり分かった)。