ユアペディア (アンサイクロペディアンの妄想)

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Wikipedia-logo.png
海外安全情報
ウィキペディアの「ユアペディア」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。

ユアペディア(Yourpedia)は、ウィキペディアを上回る信頼性の高いフリー百科事典である。

概要[編集]

ユアペディアは、ウィキペディアが「もともと海外のサイトなのでの情報の精度が悪い」ことと「百科事典としては使えない」という問題点を喝破した吉本敏洋氏(ハンドルネーム「Beyond」。「悪徳商法?マニアックス」主宰)によって設立された、フリーの百科事典である。現在、管理者2名(実質1名のみ)、登録ユーザ数123名、記事数3,663本(日本標準時2007年11月10日午後9時6分30秒現在)。

管理者は少数ながらきわめて優秀な管理をすることで知られており、ウィキペディアで通じる小難しい論理を展開する利用者を逃さず無期限ブロックする一方で、白紙化されても差し戻さないなど、自由度を高くするための管理が適切になされている。ウィキペディア流の論理を展開する利用者をもれなくブロックすることによって、自由な雰囲気作りに徹しているため、紛争は皆無に等しい。また、その一方でウィキペディアやアンサイクロペディア等のウィキから追放された利用者を受け入れ、自由な投稿を認めている。これによって「発言の自由」を保障している。

一見誹謗中傷だらけのウィキペディア以下のクソWikiに見えるが、それは誤りである。なぜなら、ユアペディアは信頼性の極めて高いwikiと自称している以上、その通りであると認めるほかない。[要出典]もし、ユアペディアが信頼性のないウィキだという輩が居れば出典を持ってきなさい。それもブログや個人サイトで言及しているものではなく、公式サイトやきちんとした全国で通じる媒体に示されたものでなければだめだ。某頭の固いウィキや、管理者が多いの少ないだのという、下らない事で揉めているアンサイクロペディアはユアペディアの自由さと寛容さ、そしてたった1名による適切な管理手法を見習うべきである。しかし、その高い精度のため、ウィキペディアのアイドル好きの株主や、猫が好きな人はユアペディアのことをよく思っていないようだ。

技術水準[編集]

ユアペディアのトップページに「とりあえず作ってみましたが、MediaWikiの使い方や編集方法からして、良く分かってません(^^;。」と顔文字つきで書かれている。

これは"全くMediaWikiを知らなくてもWikiを立てることができる"というメッセージとも取れるが当然そんなことは無い。そのことは「運営を手伝ってくださる方を募集しています。」と書かれているメインページに反応したと思われるある投稿者が「管理者になる方法はありますか」と訊いたところ「かんりしゃになるほうほうはありません」と全てひらがなで答えている事で証明されている。当然のことながら"MediaWikiに関する手助けは不必要"という事を伝えるためである。また、質問者が漢字を遣っているのに、回答が全てひらがななのは、運営者が漢字を知らないわけではもちろん無く、逆に"もし相手が漢字を読めない人だったら困る"という、天才・吉本氏ならではの配慮である。なお、彼をもってすれば、ウィキペディアの増大するトラフィックやアンサイクロペディア記憶喪失ですらたちどころに解決させることができると伝えられている。しかし吉本氏がそのような依頼を受け付けていないのは、「人類の英知は独占せずに、皆で共に歩み、公で共有すべき。」という彼の崇高な理念によるものである。

著作権[編集]

ウィキペディアと同じGFDLを採用している。しかし運営者自身がGFDLについて理解していないばかりか、パブリックドメインとコピーレフトとの区別が理解できていない。しかしもちろんこれらは「ネットは96%引用とコピペで成立している」と出典の明記の無い鋭い洞察力で主張している運営者の英断に基づくものであり、GFDLに基づいてウィキペディアからの転載も盛んになされている。GFDLで求められている履歴の保存などは全く無視されているが、これも意図的なものである。このようにユアペディアの運営者・管理者の姿勢は、世の中のあらゆる正理・正論、ルールを打ち砕かんとする革新的なものである。

運営資金[編集]

広告収入などは期待せず「インターネット消費者問題研究会」なる名前からして正しいことは疑いようの無い団体に対する寄付で賄われている。ここで「これは一種の悪徳商法ではないか?」などと考えるのは下衆の勘繰りというものである。その証拠に住所・名前を記して寄付すると、翌年年賀状が送られる。悪徳商法を生業とするサイトがこんな善行を行うはずが無い。

ウィキペディアでの記載[編集]

ウィキペディアではウィキペディアを情報源とするサイトに於いて、さもユアペディアが問題サイトであるかのような記述を行っている。あれだけ中立的な観点を振り回すウィキペディアがユアペディアを誹謗中傷するという姿勢は、頭の固いウィキペディアにおいて屈指のジョークといえよう。このユーモアあふれる精神をぜひアンサイクロペディアでも見習いたい。

アンサイクロペディアに関する記事[編集]

アンサイクロペディアそのものの記事は存在しないものの、アンサイクロペディアを永久追放(現在は解除)されたユーザによって、主に管理者を中心とする記事が存在する。一見中傷記事のようだが「決して誤りのない」ユアペディアの事なので全て事実に他ならない。アンサイクロペディアのユーザで、この記事に書かれた者は書かれた内容を真摯に受け止め、即刻態度を改めるべきであろう。このページに名前が載ることは、又吉イエス切腹を命じられるくらいの名誉なことである。

野田憲太郎の扱い[編集]

はっきり言って酷い。本人の項目では、社会に認められるようなたいした実績はないとあったり、全く関係のない項目でも揶揄され続けられている。助けてやれよ、ドラえもん。

欠点[編集]

しかし、欠点がないわけではない。一見、何をやってもよいように思われがちだが、度が過ぎると無条件で投稿ブロックされることがある。しかも、異議を申し立てても全く受け付けてくれない。まさに残虐非道である。また、新着記事を確認できないのも欠点といえる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

このページはアンサイクロペディア由来の記事を利用しています。もとの記事ユアペディアにあります。阿呆な執筆者のリストは履歴をご覧ください。