イヤボーンの法則

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索

イヤボーンの法則(いやぼーんのほうそく)とは、サルでも描けるまんが教室によって提唱された、エスパー漫画における法則。

[編集] 典型例

いたいけな美少女がピンチに陥り『イヤァアア!』などと叫ぶと、潜在的に眠っていた「“能力”」が目覚め、ボーンと大規模な爆発・または敵の頭部が吹っ飛ぶ、などの現象が起こり、美少女は危機を脱する。
この表現により、いたいけな美少女が、実はエスパーであったことが視覚的に理解されるのである。

[編集] 表現の応用

この法則の適用範囲はエスパー漫画に限らず、様々なフィクションにおいて絶体絶命のピンチを乗り越えるため、あるいは展開を盛り上げるために使用される。
この法則を広く捉えるならば、キャラクターもいたいけな美少女には限定されない。
主人公などのメインキャラが都合のよい『覚醒』をして一気にピンチを覆すとき、そこには「イヤボーンの法則」が働いているといえる。

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事、画像はイヤボーンの法則にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。Yourpediaと同じくWikipediaGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス