アイシテル〜海容〜

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Bouncywikilogo small.gif
ウィキペディアにも、この項目「アイシテル〜海容〜」が執筆されています。ぜひこちらも読んでみてください。

アイシテル〜海容〜(あいしてる〜かいよう〜)は、2009年4月15日から6月17日まで日本テレビの『水曜ドラマ』枠で毎週水曜22:00 - 22:54(JST)にて放送されたテレビドラマ(初回と最終回は15分拡大)。ハイビジョン制作

内容[編集]

一言で言い換えれば、殺人犯擁護呼びかけ作品である。

殺人犯及びその家族の美化、そして実際に家族を殺人事件で失った遺族をなめくさったシーンを氾濫させたうえに「加害者を告訴する被害者遺族は石頭だ」「厳罰化なんかやめろ」「被害者救済なんか無用だ」という低俗倫理をぶちまけたドラマ。

被害者の犯罪被害を他人事程度にしか考えない、また殺人犯美化・被害者置き去りに魅了された日本人の気質によって高視聴率をとってしまい、ヒット作品に名を連ねることとなり、正論を述べる人々が余計に唾を吐きかけられるような風潮に拍車をかけることとなってしまった。

この作品のファンは自分の家族を殺人事件で失っても犯人を簡単に許すつもりらしい。

その後、悪びれることもなく再放送…。厳罰化反対派のボケどもは万々歳なんだろうよ!

コラムニストの反応[編集]

  • 普段、テレビ番組を毒舌でメッタ斬りにしまくっているコラムニスト丸山タケシはよりによってこんなドラマに限って「2009年4月から6月クールで唯一の救い」「心があるからダメではない」だなんてボサいている。自分の家族が犯罪にあっても犯人を許す自信がおありのようで…。
  • 同じくドラマに厳しいコラムニスト・今井舞もまたただ単に稲森いずみら出演俳優を「大根役者」呼ばわりしたいだけだった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]