くすぐり

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
くすぐりとは身体の部分(人によって箇所の違いは様々)を刺激する事により、強制的に笑わせる行為である。

概要[編集]

人によってくすぐったい場所は違うが、メジャーなのは脇の下・脇腹・首・背中・足の裏・太ももあたりだろうか。 くすぐったいというのは所謂「感じる」というのと紙一重なのでそういう箇所も含まれる。

くすぐられても全く動じないといったくすぐりに強い人もいれば、触れられなくてもくすぐりの動作を見るだけでくすぐったいほど弱い人もいる。

また弱い人曰く、その人にくすぐられると普通の人よりもずっとくすぐったく感じる「くすぐったい手の人」もいるとか。

昔は長時間のくすぐりが拷問に用いられることもあった。 今もやられる側は疲労感が凄まじいしセクハラなのでやってはいけません。 彼女とか特別な関係の奴らがじゃれてやる時はあるけど。

解説[編集]

◇くすぐりのメカニズム 先に書いた人体のくすぐったい箇所は 重要な物(臓器や血管)が中にある場所である 。 諸説あるがその殆どにこの事がくすぐったくなる根本的な原因になっている。

◇信憑性があるのは

重要な臓器等がある場所に刺激が与えられる事により、脳の一部の機関が「ヤバイ!」という指令を出す →別の脳の一部の機関が「痛みじゃないからヤバくない」と指令を出す →「ヤバイ!」「ヤバくない!」という真逆の指令がぶつかり合い、脳が混乱する →笑いが強制的に起こる

……という説である。 笑っているのに不快感があるのは「ヤバイ!」という指令の為である

他にも、重要な臓器等がある箇所は汗をかきやすく、笑う事で汗のストレスを発散している、という説もある。

◇マンガやアニメなどでのくすぐり パンチラ等よりは直接的なエロさはないが、需要は高め。 特に三次ではなく2次元限定のくすぐりフェチが多い。 前述の通りセクハラなので可愛い女の子同士がじゃれあってくすぐりあうシチュが定番か。 そう思うと百合としても楽しめるかもしれない。

◇くすぐり色々 〇手でくすぐる 一番メジャー。これ以外は大体前準備が必要になる。 指を高速でワシャワシャと動かしたり、指一本でくるりと円を描いてみたり、コリコリと軽くひっかいてみたり。 敏感な人は指先で肌をなぞるだけでも効くらしい。 脇腹の場合はグニグニと揉みほぐしてやるのもいい

あははははは!だ、だめ!弱いの!あははははははははは!ひゃははははは!くすぐったいってばあぁ!あはははははは!ひゃははははは!もうやめてぇあはははははは!

〇筆、猫じゃらし等を使う 先端部がワサワサしていたり、軽くチクチクするものでくすぐったい箇所を撫でるという方法。 手の次にメジャーでかなりくすぐったい。 密着する必要がないのでくすぐられて悶える姿を観察(演出)し易いのも利点の一つ。 ひゃははははは!くすぐったいってばあぁあ!ワサワサするぅうぅ!あはははははは!あはははははは!

〇粘液を使う 粘液そのものがくすぐったいわけではなく、ヌルヌルにする事により、 直接くすぐりを行う手やその他の道具の滑りをよくしてくすぐったさを何倍にもするサポート道具。 ふひゃあ!?ぬっ、ヌルヌルううぅうっ!ヌルヌルするぅうぅう!くひゃははははは!

〇マジックハンド 殆ど2次元限定。 前述の手のくすぐりを単純に増やす物量作戦。


因みにくすぐりは人や拘束具等で拘束してから行う事も多い。

需要[編集]

先に書いた通り意外と需要の高いフェチである。 くすぐり小説のサイトなんかも多い。 また、女性をくすぐり責めで悶えさせる事のみを目的としたフリーゲームもいくつか制作、もしくは制作中である。 拘束されてとじる事もできない脇の下や脇腹、足の裏をいじくって笑い悶えさせる…それに魅了される男の子はけっこういるのである。 もちろん実際やってはいけません。

因みに女の子の手足を大の字に拘束して数時間延々とくすぐりつづけるだけ、というAVが実際にあるらしい。 三次のくすぐりAVでも2次でもどちらかというとかわいい女の子(大半の場合すごくくすぐりに弱い)がくすぐられる事が多いが、 逆に女の子にくすぐってもらいたいという受け身のくすぐりフェチを持つ人もいる。


余談だがくすぐりは痛みではない為、くすぐり続ければ慣れてしまうが、時間をおけばまたくすぐったいと感じるようになる。