明朗少女成功記(韓国のテレビドラマ)

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

明朗少女成功記(めいろうしょうじょせいこうき)は、2002年の3月13日から5月2日まで韓国のSBSで放映されたテレビドラマである(全16回)。

概要[編集]

韓国のテレビドラマの中でも有数の人気作品の一つである(平均視聴率30パーセント以上、最高視聴率41.4パーセント)[1]

ストーリー[編集]

田舎娘のスンヤンは、王子様を助けるヒロインに憧れを抱いていた。ある事故がきっかけでスンヤンはキテ(ハン・ギテ)という人物と知り合いになる。スンヤンの父親は詐欺と窃盗で生活している人物で、スンヤンは被害者への補償のため都会へ働きに行くことになる。スノウ化粧品の社長の邸宅に家政婦として住み込むが、奇しくもキテはスノウ化粧品の事業本部長であった。スンヤンはキテの家の家事も担当、創業者の息子であるキテはさながら王子様のように振舞っており、スンヤンは彼こそが自分の思い描いていた王子様だと考えるようになる。社長の娘のナヒはキテを自分の婚約者だと勝手に決めており、スンヤンに対し強い憎しみと敵愾心を抱く。実はスノウ化粧品は経営体制が万全ではなく、専務が社長の追い落としを画策。専務の息子のチュンテ(オ・ジュンテ)はそれまでキテの側近の一人だったが、チュンテの尊大な態度に嫌気がさしており父親に呼応してキテの敵に回る。事態が緊迫する中、ナヒがスンヤンの祖母を車で轢き殺すという出来事が起きる。ナヒは現場から逃走、当初犯人は不明とされたが一部始終をチュンテが目撃しており・・・

出演者[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 「韓国ドラマ完全ガイド 2013」p.313(コスミック出版、2012年)