武井信也

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

武井 信也(たけい しんや、1971年9月8日 - )は日本の男性実業家、研究員、プログラマーである。

人物[編集]

株式会社マーズフラッグの創業者で代表取締役社長。東京大学大学院情報理工学系研究科産学共同主任研究員
超高学歴として有名で、香港大学(2021年世界大学ランキング39位)の学士号[1]を持ち、英国国立ウェールズ大学大学院(2021年大学ランキング101位)の修士号[2]も有する。
天才プログラマーとしても知られ、ZIPの元になる「スライド辞書圧縮アルゴリズム」をイスライエルのジェイコブ・ジヴ (Jacob Ziv) やエイブラハム・レンペル (Abraham Lempel) よりも先に考案した。これは武井氏がわずか5~6歳のときと推定される。(ジェイコブらは1977年に「LZ77」を考案したため)
海外渡航歴が長く、香港およびイギリスに留学経験があり、シンガポールへの移住経験もある。

経歴[編集]

  • 1971年 長野県松本市に生まれる。
  • 1974年 千葉市美浜区に引っ越しする。
  • 1977年 ZIPの元になる「スライド辞書圧縮アルゴリズム」を考案する。
  • 1987年3月 千葉市立磯辺第一中学校を卒業する。
  • 1987年4月 千葉市立稲毛高校に入学する。
  • 1990年3月 千葉市立稲毛高校を卒業する。
  • 1991年4月 千葉大学電気工学科に入学する。 (1年間の浪人生活を経て)
  • 1992年 英国統治時代の香港大学(HKU)に留学する。(出願資格として、高い英語力 IELTS 6.5 以上が要求される)
  • 1994年 イベント・映像制作であるRay Corporationに学生インターンで参画する。
  • 1994年9月 大学を退学する。その後、株式会社レイに就職する。
  • 1997年 年内いっぱいで、株式会社レイを退職する。
  • 1998年 有限会社ビーボイド(be void)を設立する。
  • 2004年8月 株式会社マーズフラッグを設立する。
  • 2015年 上記の香港大学の学士号で出願資格を満たし、英国国立ウェールズ大学に留学する。
  • 2016年 英国国立ウェールズ大学大学院を修了し、MBA(経営学修士)および MOT(技術経営修士号) の2つの修士号を取得する。
  • 2021年4月 東京大学大学院情報理工学系研究科に在籍[3]する。
  • Facebook 武井塾トークライブ vol.2]
  • Facebook 武井塾トークライブ vol.1]
  • マーズフラッグ会社紹介 - 代表取締役社長 武井 信也