ロボット

提供: Yourpedia
2017年9月28日 (木) 00:47時点における由亜辺出夫 (トーク | 投稿記録)による版 (内部リンク修正)

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

ロボット (robot) とは、の代わりに何等かの作業を行う装置、若しくは「人のような」装置のことである。

主な定義[編集]

機械としてのロボットとは、主に以下の意味に大別される。

  1. ある程度自律的に何らかの自動作業を行う機械。例・産業用ロボット
  2. に近い形および機能を持つ機械。『機動戦士ガンダム』や『鉄腕アトム』等のSF作品に登場するようなもの。いわゆる「機動兵器」や「人造人間」等。

なお、人の代わりになんらかの作業を行う装置の場合、ある程度の工程なり手順なりを自動的かつ連続的に行う物であり、単一の動作を行う物や、絶えず人間が操作をする必要がある物はロボットの範疇には含まれない。許容される範疇における限定された物ではあるが、状況を判断して自動的に連続して作業を行う物とされる。しかし単純に与えられた条件に対して所定の、あるいは繰り返しの動作を行う機械装置との境界は曖昧で、明確に定義・区分することは出来ない。例えば自動販売機は、人間の仕事(業務)を代行する装置であるが、これをロボットとみなすかどうかは、人によってまちまちである。

その一方で、人の形をした機械装置であれば手動操作であってもロボットの範疇に含む場合もある。とはいえ、操り人形の類は何かの作業を目的とした装置ではないし、まして自動的に動作する物でもないためロボットとは言えないが、予め設計された一連の動作を特定の操作をきっかけとして行うオートマタからくり(からくり人形)等に、今日あるロボットの原型を見出す事ができるため、間接的にオートマタやからくり人形をロボットの一種と見なす事も可能である。同時に、モーター等の動力が内蔵され機械的または電気的に人間の操作を伝達して動作するマニピュレーターも、ロボットの一種と見なされる。また、昨今ではコンピュータ言語によるプログラムも、ロボットとして扱われることがある。こちらは物体としては存在しないが、「人の代わりになんらかの作業を、ある程度の工程なり手順なりを自動的かつ連続的に(かつ効率的に)行うもの」という定義からすれば、あながち間違いとも言えないであろう。

前述の定義から考えれば、「人の代わりに作業を行う」ものが本来のロボットであり、操縦者が搭乗する必要性があるブルドーザーショベルカーなどは原則としてロボットとは言えない。しかし、パワードスーツなどを含めた「人の形をした乗り物または作業用機械」については、操縦者が搭乗する必要性があっても一般的にはロボットと呼ばれている(特に日本においては、『マジンガーZ』や『機動戦士ガンダム』に代表される巨大ロボットアニメ作品の影響から、この傾向が強い)。特に最近は、それらの作業機械でも高度な自動制御技術の導入が進み、人間が操縦者から単なる作業指示・命令者に近づきつつある事から、一層境界が曖昧になって来ている。

古くからある概念であり、非常に多岐に渡るイメージを含む事もあって、往々にしてその定義は曖昧である。

語源[編集]

チェコスロヴァキア(現在のチェコスロヴァキアになる前の国)の小説家カレル・チャペックが創作し、1920年に発表した戯曲『R.U.R.』(エル・ウー・エル)の中で使用したものが広まり、一般的に使用されるようになった。ただし『R.U.R.』に出てくるロボットは機械ではなく、今で言う人造人間である(正確には、「生きている」化学物質を加工して様々なパーツを作り、そのパーツを組み合わせた、機械に近いもの)。語源チェコ語で「労働」を意味するrobotaとされている。また、チャペック曰くロボットの着想にはゴーレム伝説が影響している。

「ロボット」という言葉を作ったのはカレル・チャペック自身ではなく、カレルの兄で画家のヨゼフ・チャペックである。カレル・チャペックがR.U.R.のあらすじをヨゼフに話し、彼にどのような名前にしたらよいだろうかと聞いてみたところ、ヨゼフは口に絵筆をくわえていたためもごもごとした口調で「ロボット」はどうだろうかと答えたという。(異説あり)

自動機械のロボット[編集]

 自動機械がロボットと呼ばれるためには目的・結果を入力・命令すると、自動で結果・目的が実現される必要がある。
 インターネットの情報を自動検索するソフトウエアはロボット検索と呼ばれる。検索を命令すると結果・情報が返されるからである。
 据え置き型の製造機械も結果・製造物を生産する、産業用ロボットと呼ばれる。
 それらロボットが動かない限り、ロボットと呼ばれる自動機械であり人間社会に与える影響も旧来の自動機械と同等と考えられる。
 しかし、すでに、一部では(歩行する人間型の物ではないにせよ)自動的に建物内を巡回・警備するロボットがレンタル開始されたり、病院内の物資運搬にロボットカートが採用さたり、自動車の自動運転という意味のロボットカーなど、非人間型ロボットを中心に、移動する自動機械が人間社会のなかに動き始めた。
これからは人間社会は移動するロボットからの影響を受けることが想像される。

実在のロボット概略[編集]

ここでは、現実世界におけるロボットの研究・開発状況について解説する。

ロボットは長い間フィクションの中だけに登場する存在であったが、ある範囲内で自律的に人間の代行ができる機械がロボットと呼ばれるようになった(工業(産業)用ロボット:自動車組み立てロボットなど)。主に工場などの生産ラインで力が必要な作業や、高温など危険な環境下での機械関係の点検・保守作業などで、産業用ロボットが活躍している。

歩行するロボット(人の形をした物)[編集]

ファイル:Toyota Robot at Toyota Kaikan.jpg
二足歩行型「トヨタ・パートナーロボット」

現在、ASIMO本田技研工業)・HRP-2/HRP-3川田工業産業技術総合研究所川崎重工業)・SDR-4X/QRIOソニー)等の二足歩行可能な人型ロボットが開発・発表されており、ROBO-ONEのような企画向けに個人で製作されるロボットにも高度なものが現れ、オーケストラを指揮したり、TPR(トヨタ)等のトランペットを吹いたり、ドラムを叩いたりする物も登場している。

いずれもこれら人の形を目指したロボット開発は、古くからのSF作品で描かれた「人間社会に溶け込んで、人間と共同作業や共に生活するロボット」というイメージに沿った物である。日本においては『鉄腕アトム』の存在が、少なからず開発者に影響を与えたものと思われる。より若い世代には、一連の巨大ロボットもののアニメーション、あるいは『機動戦士ガンダム』の影響も否定できない。またHRP-2/HRP-3の開発者の一部は『機動警察パトレイバー』の影響を受けていることを公言している。

一般社会に普及し始めたロボット[編集]

古くはリモートコントロールや簡単なマイクロコンピュータで制御された物が、博覧会や展示施設で訪れた者の目を楽しませていたが、近年ではコンピュータの高度化に伴い、施設案内業務等の実質的な「仕事」を果たすロボットが登場している。

前出のASIMOに到っては、イベント会場の客寄せにレンタルされたり、2002年にはニューヨーク証券取引所で、史上初めて「人間以外では初めて」取引開始の鐘を鳴らす等して、最近では日本科学未来館ツインリンクもてぎ鈴鹿サーキットホールメープル・Hondaウエルカムプラザ青山に常設され、訪れた人々の間を歩き回ったりもしている。

一部では(歩行する人間型の物ではないにせよ)自動的に建物内を巡回・警備するロボットがレンタル開始されたり、病院内の物資運搬にロボットカートが採用されるなど、非人間型ロボットを中心に、人間社会に浸透しつつある。

一般家庭に普及し始めたロボット[編集]

近年では、ソニーのAIBOに代表されるエンターテイメントロボットの登場により、一般家庭に愛玩品や娯楽品、果ては「家族」という位置付けで様々な家庭用ロボットが発売されている。これらは人間とコミュニケーションを取ったり、自由に動き回って目を和ませたり、更には「ロボットの居る生活」という「近未来的な暮らしをしたい」という欲求に応えている。これらは主に、ペットという性格付けが強い事から、動物型の物が多く市場投入される傾向にある。

その一方で、世界初の調理ロボットといわれているビタクラフトのRFIQ自動調理システムをはじめ、これらロボットに本格的な家事を手伝わせたり、要介護者の介護作業を助けさせたり、ホームセキュリティの一環で、家庭内を巡回・警邏させる試みも始まっている。

搭乗型ロボット[編集]

マジンガーZ』やガンダムシリーズなどの影響で、搭乗型二足歩行ロボットに対するあこがれも強い。これに近い位置にあるのは、上半身ではテムザック社のT-52「援竜」であろう。T-52は災害現場における大型レスキューロボットで、身長3.45m、体重5t。無限軌道で移動し、遠隔操縦もしくは有人で操縦できる。二本のマニピュレータは操縦者の腕の動きにあわせて動く。

トヨタは、下半身のみの搭乗型二足歩行ロボットの研究開発も行っており、歩行障害者の使用する車いすの代替をめざしている。これは、i-footと呼ばれ、2005年日本国際博覧会(愛・地球博)で実際に活躍している。高さは2.36mと、動歩行二足歩行ロボットとしては最大級のサイズを実現し、階段の昇降も可能という。

下半身では榊原機械LAND WALKERが、すり足ではあるが有人での二足歩行を実現している。

兵器としてのロボット[編集]

詳細は 軍事用ロボット を参照

軍事活動やそれに付随する危険物処理などでは、人的被害(→戦死)を減らすためにロボットの導入や、様々な活動の機械化が進められている。米国では偵察輸送など不意な接触に伴い戦闘に巻き込まれやすい分野で、日本では地雷処理など戦後処理の分野での開発が進められている。

特殊な環境で活躍するロボット[編集]

宇宙開発においては、その苛酷な環境から自動的に状況を判断して行動するロボットの方が、環境維持にコストの掛かる人間よりも、様々な面で運用性が高い事もあり、近年の宇宙開発事業において、その重要性は益々高まっている。

古くから、一度打ち上げたら二度と地球には帰ってこられない探査任務においては、(人道的見地から)よもや人間を乗せて打ち上げる訳にもいかないため、また火星の裏側など、無線による直接的な操縦が出来ない環境では、ある程度の自己判断能力のある無人探査機の開発が求められていた。その結果、近年では火星上を探索するローバーにおいて、自分で移動経路を判断して探査任務を続行する物が開発・実用に供されている。

日本では、自国製ロケットの運搬能力が(生命維持装置を含めた)人間を軌道上に打ち上げるのが難しい事もあり、国際宇宙ステーションへの物資輸送においては、自動的に軌道修正を行ったりできるロボット宇宙船(無人のスペースシャトル)の構想が、国内での宇宙開発における主要方針となっている。他にも宇宙救命ボートとして開発中のX-38Xプレーンシリーズ)は国際宇宙ステーションからパイロット無しで脱出・地球への帰還ができるよう、完全自動化する構想もあり、これも一種のロボット宇宙船といえよう。

その一方で、宇宙と並んでもう一つの未踏破領域である海底探査において、小型で安価な大量のロボット潜水艇を投入しようという計画もあり、将来的な海洋資源開発に、期待が持たれている。

人の動作を補助するロボット[編集]

パワードスーツ、ロボットスーツ、強化外骨格等ともいう。現在の医療での回復が見込まれない、脊髄損傷による歩行ができない人や、それ以外に病気などで歩行が困難な人を対象に、歩く動作を補助する目的で「ロボットスーツ」なるものが開発されている。開発は、筑波大学大学院システム情報工学研究科の山海嘉之教授が中心となって行っており、実機も動作している。イメージとしては小説「宇宙の戦士」などに登場する架空の兵器であるパワードスーツといったらわかりやすいかもしれない。また、松下電器産業神戸学院大学総合リハビリテーション学部の中川昭夫教授らのチームと共同開発した半身麻痺患者のリハビリテーション用ロボットスーツは、健常な半身の筋肉の動きをセンサーで検知し、麻痺した側に装着した人工筋に伝えることで左右同じ動きを実現するもので、2008年の実用化が計画されている。これらは通常「ロボット」と呼ばれる物と異なり単体での動作はなく、人間が装着することで機能し、医療・福祉関係のほかに、物流関係、工事現場など広く民生用への応用が期待される。軍事用に米軍がマサチューセッツ工科大学と共同で強化外骨格の研究をしているといわれる。

人命救助とロボット[編集]

ロボットを、従来は危険ではあるが人的労働力を必要とする場所に、人間に代わって導入しようという研究もある。先に述べた地雷撤去ロボットもそのような例の一つではあるが、その一方で災害などにおける被災者の救護活動も、二次災害の危険がありながら人的労働力の大量投入でまかなっていた所を、ロボットに作業の一部を担わせることで、より効率よく人命救助に役立てようという動きがある。

例えばレスキューロボット地震噴火津波などによる被災地に投入していち早く被災者を発見、保護することで救命率の向上と二次災害による被害を防ぐための研究が進められている。これらのロボットはセンサーと場所を選ばない移動能力を持ち、倒壊建物に取り残された被災者の発見に役立てる方向のほか、テムザックの「援竜」のように従来からある建設機械を発展させて二本のアームを供えロボット化、瓦礫撤去を効率よくこなすことが期待される。

火災の場合では、コンビナート火災など危険すぎて消防隊が突入できない個所にも侵入できる放水銃を備えた無人走行放水車や、危険の伴う火災現場に突入して状況を調べるための偵察ロボット、水中を捜索する水中検索装置、マニピュレーターを備え要救助者を回収する救出ロボットが東京消防庁に配備されている([1])。これらはリモートコントロール式の装置であるが、危険個所の消防と被災者の救出に威力を発揮することが期待される。

定義 (JIS)[編集]

"地面に対し固定されておりアームによって人の手を借りず作業をする機械"とある。

歴史[編集]

  • 1920年カレル・チャペックが「ロボット」の造語を使用し、その概念が広まった
  • 1928年、ロボット学者の西村真琴制作による東洋初の人間型ロボット「學天則(がくてんそく)」が京都博覧会に出品される。
  • 1940年代にはSF作家のアイザック・アシモフが、作中でロボット工学三原則を発表、ロボットと人間の共存に関する議論の的となる。
  • 1952年から1968年鉄腕アトム手塚治虫によって描かれ、後の日本におけるロボット工学発展において大きな要因の一つとなった。
  • 1970年に開催された大阪万国博覧会にて、ロボット関連の展示が多く出展され、日本人の多くは、家庭にロボットが普及する事を、大いに夢見た。
  • 1980年代から、自動車などの生産ラインに、溶接や部品の組み付けなどの作業を行う産業用ロボットが導入され始める。また同時期、マイコン制御による自律自走式のマイクロマウス競技が流行し、様々な企業や個人が、優れた迷路脱出能力をもつロボットを開発・発表する。更にアメリカ等の国々で、マイコン制御の家庭用ロボットが複数市販された。これらは、ROMチップに焼き付けたプログラムをStepByStepで実行する関係で扱いが難しく、また高価である事からあまり普及しなかったものの、消費者の関心を集めた。そのブームに乗り、パソコンやゲーム機で制御する「ロボット玩具」が普及したり、テレビアニメ等で様々なロボット物の番組が提供され、ロボットブームとなる。
  • 1985年筑波研究学園都市国際科学技術博覧会(つくば科学博)が開催され、ロボット関連の展示物も多く、当時のロボットブームとあいまって、非常に人気を博した。
  • 1997年1998年ソニーが家庭用ロボットとして、後のAIBOとなるエンターテイメントロボット試作機を発表、商品化を待ち望む声が随所から上がる。1999年にインターネット上でAIBO発売が行われ、受け付け開始から僅か20分で完売と云う状況をメディアが報じると、同社の販売を知った更に多くの予約が殺到するという状況に陥り、「家庭用エンターテイメント・ロボット」という市場が生まれた。
  • 2002年2月4日に第一回が開催されたROBO-ONE競技により、二足歩行ロボット研究が、個人レベルにまで浸透。
  • 2005年10月8日にアメリカのモハべ砂漠においてアメリカ国防省主催のロボットの操縦による自動車レース、ロボットカーレースが行われた。参加車両23台のうち、4台が完走 (211km/h) 。

ロボットが登場する作品など[編集]

ロボットは、人間が機械装置を発明した段階で、必然的にその発想が生まれた。工学的に精巧な装置を組み合わせていけば、最終的には人間に限りなく近い物が出来上がるだろうという予測から、古今東西・様々な架空のロボットが創造(想像)されている。

伝説・神話[編集]

完全に破壊されるか、適切な停止措置が取られない限り戦い続ける土で作られたゴーレムは、人工生命というより、命令に忠実なロボットの原型だと見なす事ができる。
クレタ島を守護する青銅巨人。大きな岩を投げつけたり、自らの体を灼熱させて異国人を追い払う。伝説上においても機械仕掛けの存在とされ、ギリシア神話上ではヘーパイストスの作ともされる。

文学[編集]

この作品において有名な「ロボット工学三原則」が示され、旧来のフランケンシュタイン的怪物と一線を画する理性的な道具としてのロボット観が確立された。

アニメ・漫画・ゲーム[編集]

日本には多数のロボット登場作品があり、ロボットに親近感を感じている日本人らしい文化と言えるかもしれない。いわゆる「ロボットアニメ」と呼ばれる「ロボットが登場するアニメーション作品」にも、スーパーロボットリアルロボットなど、いずれも架空のものでありながらも、様々な系統が見出せる。ここでは後の作品群や実際のロボット開発にも少なからぬ影響を与えた代表的なものを挙げる。

  • 鉄腕アトム(アトム)
    「ロボットもの」という概念を生んだ代表作品
  • 鉄人28号
    戦う巨大ロボットという概念を生んだ作品(ジャンルとしては「少年探偵もの」の延長)
  • マジンガーZ
    後の合体ロボットやスーパーロボットという概念の基礎となった
  • 機動戦士ガンダム
    その後に続く「リアル」なロボットを主題とした出発点的アニメ作品
  • ドラえもんドラえもんドラミ、ドラえもんズ、ミニドラ)
    家庭用ロボットの代表的モデルに挙がる
  • Dr.スランプ(則巻アラレ、オボッチャマン)
    人造人間と人間の織り成すギャグで絶大な人気を博した漫画・アニメ作品
  • 攻殻機動隊シリーズ
    より人間らしいロボットと、人間離れしたサイボーグというものが社会に普遍的に存在する世界観を描く
  • 機動警察パトレイバー
    建機としてのロボットが主題となっており、それらロボットの製造を産業の形で描いている


映画[編集]

日本国外の作品でのロボットは人間とは異質な存在や人間と対峙するものとして描写されることが多い。ここでは代表的なものを挙げる。

書籍[編集]

  • 門田和雄ほか著、『人生の教科書「ロボットと生きる」』(筑摩書房)
  • 田近伸和著、『未来のアトム』(アスコム)

歌・詩・俳句[編集]

ロボットの研究者[編集]

実在のロボットについて[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

関連書[編集]

  • ロドニー・ブルックス 五味隆志 訳 『ブルックスの知能ロボット論』なぜMITのロボットは前進し続けるのか? オーム社 ISBN 4274500330
  • スティーヴ・グランド 『アンドロイドの脳』人工知能ロボット"ルーシー"を誕生させるまでの簡単な20のステップ アスペクト ISBN 4757211015
  • 月本洋 『ロボットのこころ』想像力をもつロボットをめざして 森北出版 ISBN 4627827814
  • 下山勲、柴田智広、波多伸彦、谷淳、生田幸士、松井俊浩、比留川博久 『ロボットフロンティア 岩波講座』ロボット学 岩波書店 ISBN 4000112465
  • 安西祐一郎、井上博允 編 『ロボットインフォマティクス』岩波講座 ロボット学 岩波書店 ISBN 4000112457
  • 内山勝、中村仁彦 『ロボットモーション』岩波講座 ロボット学 岩波書店 ISBN 4000112422
  • 安西祐一郎、瀬名秀明 井上博允、金出武雄 編 『ロボット学創成』岩波講座 ロボット学 1 岩波書店 ISBN 4000112414
  • 土井利忠、藤田雅博、下村秀樹 編 『脳・身体性・ロボット』インテリジェンス・ダイナミクス シュプリンガー・フェアラーク東京 ISBN 4431711597
  • 瀬名秀明 『ロボット21世紀』 文春新書 文藝春秋 ISBN 4166601792
  • 長田正 『ロボットは人間になれるか』 PHP新書 PHP研究所 ISBN 4569641555
  • 石黒浩、神田崇行、宮下敬 人工知能学会、JSAI 編 『コミュニケーションロボット』人と関わるロボットを開発するための技術 知の科学 オーム社 ISBN 4274200655

ar:روبوت bg:Робот bn:রোবট bs:Robot ca:Robot cs:Robot da:Robot de:Roboter el:Ρομπότeo:Roboto es:Robot et:Robot eu:Robot fa:روبات fi:Robotti fr:Robot gl:Robot he:רובוט hr:Robot hu:Robot id:Robot io:Roboto it:Robot ko:로봇 lt:Robotas lv:Robots nl:Robot nn:Robot no:Robot nrm:Robot oc:Robòt pl:Robot pt:Robot ru:Робот simple:Robot sk:Robot sq:Roboti sr:Робот su:Robot sv:Robot ta:இயந்திரவியல் th:หุ่นยนต์ tr:Robot uk:Робот ur:روبالہ uz:Robot vi:Người máy yi:ראבאט zh:机器人 zh-min-nan:Robot