「トーク:王家のハプログループ」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
20行目: 20行目:
 
== 物部氏は王家であったといえるのか ==
 
== 物部氏は王家であったといえるのか ==
 
*古事記では、神武天皇に先立ち奈良周辺を占領したようですが、独立した王家なのか、それともただの天皇家の先兵であるなら王家ではないのですが、どう思いますか?--[[利用者:へげぞう|へげぞう]] ([[利用者・トーク:へげぞう|トーク]]) 2017年7月14日 (金) 03:47 (CDT)
 
*古事記では、神武天皇に先立ち奈良周辺を占領したようですが、独立した王家なのか、それともただの天皇家の先兵であるなら王家ではないのですが、どう思いますか?--[[利用者:へげぞう|へげぞう]] ([[利用者・トーク:へげぞう|トーク]]) 2017年7月14日 (金) 03:47 (CDT)
**古事記、日本書紀、先代旧事本紀のいずれにも、饒速日命は大和に降臨し、大和のもともとの有力者であった長髄彦に奉戴され、長髄彦の妹を娶って王となり国を作っています。神武東征の時、長髄彦らは九州南部からやって来た神武たちを、本当に天孫か?と怪しみ「国(大和)を乗っ取る為にやって来た、天孫と名乗る偽物であろう」と信じませんでした。戦闘は熾烈を極め一歩も引かなかった為、神武勢は退去したかに見せかけて、紀伊半島を迂回して逆から攻める作戦に出ます。不意を突かれた長髄彦勢は、形成不利となった為、長髄彦勢は大将の長髄彦を殺して、神武勢に帰順します。饒速日命も、神武もどちらも天孫を名乗っていたため、辻褄を合わせる為に、「どちらも天孫で、饒速日命が先に大和に入ったのは先兵である」と解釈し直したと書かれています。本当に先兵として饒速日命が大和に降臨したのなら、神武勢と戦闘する必要性はなく、神武天皇の紀伊半島迂回も必要ありません。さらに長髄彦は「(神武が)国を盗ろうとしている」と発言している箇所を見ても本来、饒速日命を奉戴し長髄彦を大臣とする王権があったのは間違いありません。日本の正式な国書が皇室に都合の悪い内容であるにも関わらず、書かざるを得なかった事実です。--[[利用者:ともぞう|ともぞう]] ([[利用者・トーク:ともぞう|トーク]]) 2017年7月14日 (金) 05:21 (CDT)
+
**古事記、日本書紀、先代旧事本紀のいずれにも、饒速日命は大和に降臨し、土地の酋長であった長髄彦に奉戴されて王となり国を作っています。神武東征の時、長髄彦らは九州南部からやって来た神武たちを、本当に天孫か?と怪しみ「国(大和)を乗っ取る為にやって来た、天孫と名乗る偽物であろう」と信じませんでした。戦闘は熾烈を極め一歩も引かなかった為、神武勢は退去したかに見せかけて、紀伊半島を迂回して逆から攻める作戦に出ます。不意を突かれた長髄彦勢は、形成不利となった為、長髄彦勢は大将の長髄彦を殺して、神武勢に帰順します。饒速日命も、神武もどちらも天孫を名乗っていたため、辻褄を合わせる為に、「どちらも天孫で、饒速日命が先に大和に入ったのは先兵である」と解釈し直したと書かれています。本当に先兵として饒速日命が大和に降臨したのなら、神武勢と戦闘する必要性はなく、神武天皇の紀伊半島迂回も必要ありません。さらに長髄彦は「(神武が)国を盗ろうとしている」と発言している箇所を見ても本来、饒速日命を奉戴した長髄彦の王権があったのは間違いありません。日本の正式な国書が認めている事実です。--[[利用者:ともぞう|ともぞう]] ([[利用者・トーク:ともぞう|トーク]]) 2017年7月14日 (金) 05:21 (CDT)

Yourpediaへの投稿はすべて、GNUフリー文書利用許諾契約書 1.3 またはそれ以降 (詳細はYourpedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)