馬鹿青龍明徳

提供: Yourpedia
朝青龍明徳から転送)
移動: 案内検索
Bouncywikilogo small.gif
ウィキペディアにも、この項目「朝青龍」が執筆されています。ぜひこちらも読んでみてください。
この記事の内容には批判・批評的内容が含まれています。この投稿に参加した時点であなた自身に責任が及ぶ可能性もあります。この記事を編集・執筆する方は自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照してください。記事の執筆にはYourpediaへログインを推奨します。また削除要請はこちらをご覧ください。

「朝青龍は民衆のアヘンである」
~ 朝青龍 について、カール・マルクス
「朝青龍は嘔吐を催す。否、否、三たび否!」
~ 朝青龍 について、フリードリヒ・ニーチェ
朝青龍(あさしょうりゅう、The Mocking=Blue Dragon)とは、モンゴル出身の改造人間。改造される前の名前は「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」。サッカー選手にしてヤクザにしてミスター骨折マン。 

人物[編集]

アンパンマンの正当な後継者だが、ばいきんまんとの抗争にはまるで興味はなく、暴力界の頂点を目指し日々鍛錬を続けている。ライバルは白鵬琴欧洲(琴欧州ではない)。

下の名前は「あきちゃん」だが知る者は少ない。なぜなら「あきちゃん」の名前は日本の右翼により封殺されたからである。また、二人の兄も改造人間となっている。

亀田興毅とはそれなりの仲。上下関係で言えば嘲青龍の方がかなり上。一部では、嘲青龍が亀田三兄弟に「八百長」の秘技を伝授したのではないかとになっているが、真相は不明。頭にハンバーグを載せることを推奨したと言われている

また、テレビに映らない場所で不意打ちで倒すこともある。破壊された力士は場所に出てこないので絶対に負けないが、勝つ事もない。なお、公式発表では「事故」だとなっている。

2007年にはモンゴルのサッカー選手として活躍していた事が判明。中田英寿並の実力保持者だが、暴力協会が激怒したため、30試合出場停止処分。これに対し嘲青龍は薬物を大量服用し、更なるブチキレの極みを目指す事になった。

テレビに映らない時の馬鹿青龍[編集]

荒稽古と称したパワーハラスメントの限りを尽くし、稽古中にはエルボーバットやニーバットを使い、倒れた弟子や後輩にニースタンプを繰り出したりひどい時には絞め技や関節技なども仕掛ける。 止めに入る親方をも殴り飛ばし、暴力選手という言葉の意味をしばしば間違えているが、暴力協会は一切の無視を決め込んでいる。

マスコミで散々叩かれるも、「あんなんで病院いっちゃったの?」などと一貫していじめに関する事実の一切を否定している。

格闘の内容。彼はこの世界の頂点に立った。

熊切バサミを所有

このページはアンサイクロペディア由来の記事を利用しています。もとの記事嘲青龍にあります。阿呆な執筆者のリストは履歴をご覧ください。