「ボストン美術館」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
2行目: 2行目:
  
 
==概要==
 
==概要==
[[1870年]]に創設され、1876年に開館した美術館で、毎年100万人以上の訪問者がある。[[古代エジプト]]美術、[[モネ]]やファン・[[ゴッホ]]を含む[[フランス]]絵画、東洋美術など世界有数の規模と質を誇る。"東洋美術の殿堂"と称さる。100年以上にわたる日本美術の収集は、アーネスト・フェノロサや岡倉天心に始まるが、現在では10万点を超える。海外にある日本美術コレクションとしては、世界随一の規模と質の高さといえる。
+
1870年に創設され、1876年に開館した美術館で、毎年100万人以上の訪問者がある。[[古代エジプト]]美術、[[モネ]]やファン・[[ゴッホ]]を含む[[フランス]]絵画、東洋美術など世界有数の規模と質を誇る。"東洋美術の殿堂"と称さる。100年以上にわたる日本美術の収集は、アーネスト・フェノロサや岡倉天心に始まるが、現在では10万点を超える。海外にある日本美術コレクションとしては、世界随一の規模と質の高さといえる。
 
==岡倉天心=とフェノロサ==
 
==岡倉天心=とフェノロサ==
 
[[1904年]]に41歳でアメリカに渡った[[岡倉天心]]は、ボストン美術館の中国・日本美術部に迎えられ、1910年、47歳でボストン美術館中国・日本美術部長になる。東洋美術品の整理や目録作成を行い、また、ボストン社交界のクイーンと呼ばれた、大富豪イザベラ・ガードナー夫人と親交を深めた。天心はボストン美術館において中国、インド、日本での美術品収集を精力的に行った。[[富田幸次郎]]をボストン美術館に引き入れたのも岡倉天心であった。1895年、[[フェノロサ]]部長秘書のメアリ・スコット夫人との不倫が発覚して、フェノロサ部長は休職処分を受けた。フェノロサは、妻に提訴された裁判に敗訴し、賠償金支払いのために多額の負債を負った。また著書<ref>『浮世絵の巨匠展・解説目録』、1896年</ref>にボストン美術館所蔵の浮世絵の写真を無断で掲載したことが問題となって、免職となった<ref>フェノロサ 『日本浮世絵史』、2008年、新生出版、高嶋良二「訳者あとがき」、p. 156</ref>。フェノロサは、職探しのため日本を訪れ、岡倉天心に斡旋を依頼したが無視された。金に困り、手元に残した日本美術を後輩の美術品コレクターのフリアーに売却した。[[フリアー美術館]]の日本美術になったと思われる。
 
[[1904年]]に41歳でアメリカに渡った[[岡倉天心]]は、ボストン美術館の中国・日本美術部に迎えられ、1910年、47歳でボストン美術館中国・日本美術部長になる。東洋美術品の整理や目録作成を行い、また、ボストン社交界のクイーンと呼ばれた、大富豪イザベラ・ガードナー夫人と親交を深めた。天心はボストン美術館において中国、インド、日本での美術品収集を精力的に行った。[[富田幸次郎]]をボストン美術館に引き入れたのも岡倉天心であった。1895年、[[フェノロサ]]部長秘書のメアリ・スコット夫人との不倫が発覚して、フェノロサ部長は休職処分を受けた。フェノロサは、妻に提訴された裁判に敗訴し、賠償金支払いのために多額の負債を負った。また著書<ref>『浮世絵の巨匠展・解説目録』、1896年</ref>にボストン美術館所蔵の浮世絵の写真を無断で掲載したことが問題となって、免職となった<ref>フェノロサ 『日本浮世絵史』、2008年、新生出版、高嶋良二「訳者あとがき」、p. 156</ref>。フェノロサは、職探しのため日本を訪れ、岡倉天心に斡旋を依頼したが無視された。金に困り、手元に残した日本美術を後輩の美術品コレクターのフリアーに売却した。[[フリアー美術館]]の日本美術になったと思われる。
 
==日本美術==
 
==日本美術==
代表作を挙げる。
+
*雲龍図 [[曽我蕭白]]筆 江戸時代・宝暦13年(1763)
*雲龍図 - 江戸時代・宝暦13年(1763) [[曽我蕭白]]筆
+
*[[弥勒菩薩立像]] [[快慶]]作 鎌倉時代・文治5年(1189)
*[[龐居士・霊昭女図屏風]](見立久米仙人)  [[曽我蕭白]]筆
+
*[[平治物語絵巻]] 三条殿夜討巻 鎌倉時代・13世紀後半
*[[弥勒菩薩立像]] [[快慶]]作 - 鎌倉時代・文治5年(1189)
+
*鸚鵡図 [[伊藤若冲]]筆 江戸時代・18世紀後半
*[[平治物語絵巻]] 三条殿夜討巻 - 鎌倉時代・13世紀後半
+
*[[吉備大臣入唐絵巻]] 平安時代・12世紀後半
*[[鸚鵡図]] -  [[伊藤若冲]]筆 江戸時代・18世紀後半
+
*島図屏風 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀前半
*[[吉備大臣入唐絵巻]] - 平安時代・12世紀後半
+
*四季花鳥図屏風 [[狩野永納]]筆 江戸時代・17世紀後半
*[[四季花鳥図屏風]] [[狩野永納]]筆 - 江戸時代・17世紀後半
+
*[[法華堂根本曼荼羅]]奈良時代
*[[法華堂根本曼荼羅]] - 奈良時代
+
*[[普賢延命菩薩像]] - 平安時代
+
*[[白衣観音図]] - [[狩野元信]] 室町時代
+
*[[金山寺図扇面]] - 伝狩野元信 室町時代
+
*[[龍虎図屏風]] - [[長谷川等伯]] 江戸時代・慶長11年(1606)
+
*[[東坡・潘閬図屏風]] - 雲谷等顔 安土桃山~江戸時代
+
*[[十雪図屏風]] - 狩野山雪 江戸時代
+
*[[松島図屏風]] - [[尾形光琳]] 江戸時代
+
 
+
  
 
==アクセス情報==
 
==アクセス情報==
37行目: 28行目:
 
{{デフォルトソート:ほすとんひしゆつかん}}
 
{{デフォルトソート:ほすとんひしゆつかん}}
 
[[Category:美術館]]
 
[[Category:美術館]]
[[Category:1870年]]
 
[[Category:ボストン]]
 

Yourpediaへの投稿はすべて、GNUフリー文書利用許諾契約書 1.3 またはそれ以降 (詳細はYourpedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)

このページで使用されているテンプレート: